LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

夏のくすみは「顔の冷え性」!?温肌ドリンク2選

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

くすみのない透明感のあるお肌は女性なら誰でも憧れますよね。くすみの原因は、色々考えられるのですが、その一つは血行不良。お顏は、常に外気にさらされているため、冬はもちろん、夏は冷房の直撃を受け、冷えやすくなっているのです。お顏に冷え症があるなんて意外ですよね。でも、冷えがくすみの原因になっているかも知れませんよ。

夏のくすみは「顔の冷え性」!?温肌ドリンク2選

 

■あなたのお顏は「ひと肌」?

「ひと肌」程度、という温度表現がありますが、まさに顏を触った時にほんのり温かい「ひと肌」程度の温度が理想的。顏の毛細血管までしっかり血液が流れていると、血色良くくすみのない肌色に。また、血液中にあるヘモグロビンは、酸素と結合している間は綺麗な色をしていますが、冷えなどで血行が悪くなり血液中の酸素が足りなくなると暗赤色になってしまいます。お顏の皮膚は薄いため、血液の色が透けて見えてしまい暗くくすんだ顔色になってしまうのです。

 

■くすみのないお肌に!おススメの飲み物 2つ

(1)カシス

カシスにしか含まれないポリフェノール「カシスアントシアニン」には、血液の循環を良くする働きがあります。特に目の周りの血流量を改善する働きがあり、日本カシス協会によれば、カシスジュースを飲んだ15分後には、血流量が増加し「肌の黒み」が低下し「肌の赤み」が増加したとのこと! すぐに効果を発揮してくれるのが嬉しいですね。

(2)ココア

ココアには、身体の末梢部の血流を改善する働きがあります。カシスと違い、即効性はありませんが持続力があるのが特徴。また、明治製菓株式会社の研究によれば、アイスココアであっても、末梢部の血液循環を改善する効果があるそうですから、冷たいものが飲みたくなったらココアをチョイスしてみて!

 

■チョイ足しで効果UPのスパイス 2つ

カシスやココアも良いけれど、紅茶やコーヒーが好き! という方は、いつもの飲み物にチョイ足しできるスパイスがおススメ。

(1)ジンジャーパウダー

冷え取り食材の代表選手「ショウガ」。生の生姜に含まれる「ジンゲロール」という辛味成分は、加熱乾燥させることで「ショウガオール」という成分に変わります。富山医科薬科大学の実験によれば、ショウガオールにはジンゲロールより強い血管拡張作用があるそうですから、生姜を加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーがおススメ。

(2)シナモン

シナモンには、毛細血管を丈夫にして身体の末梢部まで血液を巡らせる効果があります。そのため、手足はもちろん、顏など身体の表面の血流改善に効果を発揮します。コーヒーにも紅茶にもあうだけでなく、スタバなどのコーヒーショップにも置いてありますから、外出先でもシナモンチャージできますね。

夏の室内や電車内は、冷房が強く案外お顏が冷えてしまうもの。いつも顏が冷たくくすみが気になる方は、カシスジュースやココアを飲んでみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

 

【関連記事】

あなたは何色?透明肌になるための顔色別ケア方法

 

【参考】

カシスでクマ撃退! – 日本カシス協会

成分情報 シナモン – 株式会社わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

夏のくすみは「顔の冷え性」!?温肌ドリンク2選

Related Article関連記事

最新の記事