分け目ハッキリ!NGヘアドライ&目立たせない方法3つ

年齢を重ねると徐々に髪のハリ・コシがなくなるほか、ボリュームダウン、髪が細くなるなどの悩みが出てくる傾向に。そのため、ケアやスタイリングでそれを補う必要があります。今回は、アンチエイジングアドバイザーの筆者が髪の分け目をわからなくし、トップにボリューム出すことで小顔にも見え、若々しくも見える方法についてご紹介します。

20160204endo

■髪の分け目を目立たせるNGセット2つ

1.ドライ前に分け目をつけるのはNG!

髪を乾かす前に分け目をつけると、ドライ後にハッキリ目立ってしまいます! 分け目をつけず、ランダムに髪を乾かしましょう。

 

2.まっすぐ分け目はNG!ジグザグに入れる

朝起きて髪をスタイリングする際、一直線に分け目を入れると分け目が目立ってしまいます。そこで、画像のように櫛の先を使ってジグザグに分け目をとるのが◎。一直線に分けるよりも分け目が目立たなくなりますよ。

20160204endo

 

■トップふっくら!ボリュームを出す方法3つ

1.髪を乾かす時には頭を下げ、後頭部から乾かす

トップにボリュームを出すには、髪の乾かし方にもひと工夫必要です。タオルで軽く水気をふき取ったら、できるだけ早く髪を乾かしましょう。髪を乾かす際は、頭を下げ、後頭部からドライヤーを当てていきます。髪の毛が根元から立ち上がり、トップにもボリュームが生まれるでしょう。

 

2.分け目を反対にして眠る

髪を乾かした後は、いつもの分け目に戻したいところ。でもここはグッと我慢です! 朝起きると分け目が目立った状態になってしまうだけでなく、トップがペチャンコになってしまう恐れがあります。そこでオススメなのが、眠る時は分け目をいつもと逆側にとる方法。すると、朝いつもの分け目に戻した時にトップの根元が逆立って、ふんわりとした仕上がりになりますよ。

 

3.コテなどを使い根元から立ち上げるようにスタイリングする

この他、コテやクルクルドライヤー、ロールブラシなどを使って、根元から立ち上がるようなスタイリングを意識するのもオススメです。方法は、下記のように根元にコテなどをあて、数十秒その状態をキープしながら熱を加えるだけ。

20160204endo

時々コテなどを外し、仕上がり具合を確認しながら行いましょう。分け目の反対側を行うのもお忘れなく。分け目付近のトップにボリュームが出ると、分け目が目立たなくなるだけでなく、リフトアップ効果も期待できますよ。

この他、頭皮の保湿を行う、育毛剤を使うなどケアも並行して行うと、より効果的です。ヘアスタイルは顔の印象を左右するため、今日から早速ドライやブローにこだわってみてはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
まばら白髪のタイプ別!美容家おすすめ「セルフ白髪染め」3つ

【参考】
パウダーシェイク(プロのテクニック) – 資生堂プロフェッショナル

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle