寒くても大丈夫!「暖かいのに着やせ」を叶えるコーデ4つ

寒さがいよいよ本格化してきました。暖かい格好をしたいからと、重ね着して着膨れしてしまい「スマートなコーディネートがしにくい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんなお悩みを解決してくれるコーディネートのコツをご紹介します。

スクリーンショット 2016-01-18 16.53.52

 

■重ね着は、アースカラー×白ならスマートに

肌寒い日はシャツにニットにダウンと、たくさん重ね着しがち。うっかりしていると、ドーンと着膨れした印象になってしまいますよね。そこで、オススメしたいのが紺やカーキなどのアースカラーに白をプラスしたコーディネート。

0121nagaoka02

暗くなりがちな冬のコーディネートも、アースカラーなら新鮮な雰囲気にまとまります。白を取り入れることで、、全体的にスッキリと、爽やかな印象をまとうことができますよ。

スクリーンショット 2016-01-19 12.04.48

 

■きちんとコートのインナーにデニムジャケットを

寒い冬は、コートの中にデニムジャケットやGジャンを重ね着すると、とっても暖かくてオススメです。カジュアルなイメージのデニムを、トラッドな雰囲気のチェスターコートなどに合わせれば、ほどよくカジュアルダウン! 上級者に見えるうえ、スッキリした印象に。

0121nagaoka05

 

■スポーティー×正統派トレンチで、ほどよい抜け感を

寒い時に意外と使えるのが、スポーティーなパーカー。暖かさが増すうえ、ほどよく抜け感をプラスできます。正統派のトレンチコートなどと組み合わせれば、オシャレ上手に見えます。定番のカーキのトレンチよりも、ダークカラーのトレンチのほうが、着痩せ効果大! グレーや白が多いパーカーとの相性も抜群です。

スクリーンショット 2016-01-18 18.13.26

 

■トレンドタートルネックも積極的に取り入れて!

とにかく暖かくするには、首を温めることが必須! そこで、トップスにはタートルネックをチョイスしましょう。ベーシックでありながら、今年のトレンドのタートルなら、暖かいだけでなく、今っぽさも演出できます。

スマートに着こなすカラー選びもポイント

タートルネックをクールに着こなすには、黒や紺、深めのグレーなど、引き締まった印象を与える色をチョイスしましょう。さらにスマートに見せたいなら、全身をワントーンでまとめてみて。雪が降るとても寒い日は、これまたトレンドのムートンコートと組み合わせてもいいですね。

スクリーンショット 2016-01-18 17.19.18

ぜひこれらのアイデアを活用して、スマートな冬コーデを楽しんでみてくださいね。
(ライター・長岡宏江)

【関連記事】
ガウチョ・ワイドパンツでバランス◎!上級コートコーデ3つ

【参考】
ONWARD CROSSET

0121nagaoka00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle