LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

さらば目元シワ!美容家も感動のもち肌を叶える「魔法のブースター」って?

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

目元のシワに、ほうれい線。30代、40代と歳を重ねると、肌悩みは尽きないですよね。でもちょっと待って! そのエイジングサインが悪目立ちしているのは、美肌の大敵「乾燥」のせいかもしれません。そうは言っても、日々慌ただしく過ごす私たち世代には、「スキンケアにもアイテム選びにも、時間は掛けられない」という方も多いはず。そんな方には、毎日のケアにプラスするだけでOKの「ブースター(導入美容液)」の活用がオススメ! アンチエイジングアドバイザーの筆者より、乾燥悩みにもぴったりの、頼れるブースターをご紹介します。

160204endo01

 

■お気に入りコスメの効果がグンとアップ!?「魔法のブースター」

筆者が出会ったのは、老舗日本酒メーカー大関による自信作「マセラージェ スキンケアアクセラレーティング セラム」。創醸300年で培った発酵技術を駆使して作り上げたという、通称「魔法のブースター」です。

マセラージェ4

LAR世代なら、愛用のスキンケアブランドや、コスメをお使いの方も多いですよね。毎日の化粧水の前に使うブースターなら、普段のケアに手軽にプラスできるのがうれしいところ。お気に入りアイテムの効果をグンと高めてくれますよ!

 

■使うほどハリツヤ肌に!「コメ発酵AGL136」のパワーって?

実力の秘密は、天然の美肌保湿成分「コメ発酵液AGL136」。保湿力はもちろん、ストレスやダメージから肌を守るバリア機能までアップしてくれるという、美肌機能の宝庫なのです。さらに、使うほどに肌のキメが整い、つややかなハリ肌へ導く効果まで期待できるそう! シワやハリの衰えが気になる、30代・40代のLAR世代には魅力的ですね。

 

■小じわの気にならない滑らかモチ肌を実感!2週間体験レポート

筆者も実際に、「スキンケアアクセラレーティング セラム」を2週間使用してみました。いつものスキンケアにプラスするだけなので、手軽に続けられるのがうれしい!

マセラージェ1

とろみのあるテクスチャーで、肌になじませると濃厚な液がじんわりと広がります。お米由来の成分で作られているというだけあって、マイルドな使用感が特徴的。

マセラージェ5

指の腹を使って優しくなじませると、じわじわ肌に染み渡っていきます。なじんだ後の肌は、潤って手のひらに吸い付くように感じられました。このモチモチッとした感触がたまらない! いつもの化粧水を重ねてみたところ、「自分の肌はこんなに乾いていたの?」とショックを受けたほど、乾いたスポンジが水を吸い込むかのように化粧水がぐんぐん浸透。この威力はあなどれません!

 

「目元の小じわ」にサヨナラ!?なめらかなキメ肌が心地いい

2週間で感じたのは、目元の小じわが気にならなくなったということ。近ごろ感じていた「目元の小じわによって、アイシャドウのノリが悪い」というメイク悩みも解消されました。乾燥によるカサつきが気になっていた頬も、なめらかな潤い肌に整ったようです。まるでシルクを触っているかのような肌触りは、今まで1000以上ものコスメを使用してきた筆者にとっても初めての体験でした。

マセラージェ2

 

■もう恐くない!何度も鏡を見たくなる肌に

気になるエイジングサインが増えていくと、鏡を見て自分の素顔と向き合うのも嫌になってしまいますが、いつまでも女性であることを楽しみたいものですよね。「魔法のブースター」を毎日のお手入れにプラスして、鏡の中の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

普段のケアにプラスするだけで感動のモチ肌に!「魔法のブースター」はこちら

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160204endo01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事