今すぐできる!風水の専門家が教える「運気アップの方法」5つ

「運がいい人」「悪い人」とは言いますが、何がその差を生んでいるのでしょうか。運がいい人とは、自分の運気が落ち込んだと感じても、すぐに回復できるコツを知っている人のこと。運気が低迷していると感じる方は、早めに浄化(心や肉体を清める)し、運気を呼び込みたいですよね。では、どんな浄化方法があり、どんな行動で運気上昇に向かうのでしょうか。国際風水科学協会認定 風水鑑定士の福岡和昭さんに、「自分の運気が上げる浄化の方法」を5つ教えてもらいました。

 

■近所のパワースポットは「神社」

神社は神が鎮座する場所です。そのため神社は、そのエリアの最良地に建っていると考えられます。参拝して神の気をいただくとともに、大地の運気も得て帰りましょう!

 

■家のこんなところに観葉植物を置いてみる

家の中で長い時間を過ごす場所や、すぐに汚れる場所には、悪い気を吸い取ってくれる浄化作用のある「観葉植物」を置くことをオススメします。トイレの中や出入口、リビング、収納庫には必須ですね。枯れたらすぐに交換するのが望ましいです。

 

■15分でOK!ちょっぴり早めの行動を心がける

いつもより自分の行動パターンを15分早めてみましょう。たとえば、早く就寝して、早く起床する、早く家を出る、職場に早めに着く……。そして何よりも15分早く「帰宅」をしましょう。簡単なことですが、普段見えない光景や人の動き、15分のゆとりが運気を回復させてくれるのです。職場に早めに席に着くと、周りの人たちが「やる気」を勝手に感じ取ってくれ、自分も自然と期待に応えるアクションが取れるようになりますよ。

 

■周りの人へ、感謝の気持を伝える

ついつい忘れがちな他人に対しての感謝。物事が上手く行かないときほど、感謝の気持ちをどこかへ忘れてしまっている人も多いかと思います。日頃から感謝を言葉で表すようにすると、人脈からの運気招聘となっていきます。

 

■「普段とは全く違う行動」に挑戦してみる

「マンネリ」とは実は、運が停滞していることのひとつ。「常に変化していない自分」はすなわち「成長していない自分」なので、運気が巡ってこないのです。そこで、いつもとは全く異なること、それを思い切ってやってみましょう。旅行に行く、オペラを聴きに行く、最高級のディナーに行くなど、少し投資をするのもポイントです。

いかがでしたでしょうか。今年はよい気を入れていきたい、去年と環境を変え、運気を上げていきたいと考えているようなら、まずは自分を清める5つの浄化法を実践してみましょう!
(リンパ・ハーバリスト/ビューティーヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
人から話しかけられやすくなる!?「口角アップで開運」顔ヨガ

【取材協力】
福岡和昭

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle