LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

35歳は歯グキの曲がり角!?キレイに保つフード&ドリンク

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お肌だけでなく、歯もキレイな人の笑顔は美しいですよね。白い歯と、キレイなピンク色の歯茎は見た目年齢を若くしてしまうほど魅力的。歯磨きが大切なのはもちろんなのですが、忙しいエイジング世代は、食後に毎回歯磨きができるとは限りませんよね。そこで今回は、食後のお口を清潔に保ってくれるおススメフード&ドリンクを3つご紹介します!

shutterstock_192205460

 

■歯茎の曲がり角!?

鶴見歯科医師会理事の梅津歯科医師によれば、歯茎の老化が始まるのは35歳前後が多い、とのこと。歯茎の状態が悪いと、歯周病になりやすくなるだけでなく、歯周病の原因となる細菌が歯茎から血管に入り込んで全身にまわってしまうそう。それが、様々なトラブルの原因となることもあるとか! 歯茎の健康を保つことは、全身の健康を保つことに繋がるのです。

 

■お口ケアにおススメフード&ドリンク3つ

(1)ハード系チーズ
ちょっと意外かも知れませんが、ハード系チーズはWHO(世界保健機構)も認める、虫歯予防効果のある食べ物。ハード系チーズには、カルシウムやリン酸が水に溶けやすい状態で含まれています。ハード系チーズを食べることで、唾液中にカルシウムが溶け出して、酸を中和して口の中を中性に戻すサポートをしてくれるんです。また、エナメル質が溶けるのを防いだり、歯の再石灰化を促す効果もあります。岩手医科大学歯学部の稲葉准教授によれば、食後に少量良く噛んで食べると唾液にチーズの成分が溶け出して効果的とのこと。ぜひ試してみて!

(2)ベリー
イチゴやラズベリーなどのベリー類に多く含まれるキシリトールには、酸を中和する働きがあります。虫歯や歯周病の原因菌は、砂糖などの酸性食品をエサに歯垢や酸を生産して歯や歯茎にダメージを与えます。歯と歯茎のためには、食後のデザートは、フレッシュなベリーが使われているものを選びましょう!

(3)ウーロン茶
ウーロン茶に含まれるウーロン茶ポリフェノールには、歯垢の沈着を抑制する効果があります。ウーロン茶を飲むと、口の中がさっぱりしたように感じませんか? それは気のせいではなく、本当にお口をサッパリさせる効果がありますからなんです。お食事中は、ウーロン茶を飲むと良いですね!

(4)カカオ
カカオ豆には、抗菌効果がありお口の清潔を保つだけでなく、歯垢をつきにくする効果も認められているそう。カカオ豆を砕いて作られた「カカオニブ」を食後に噛むのも良いですね!

お肌のアンチエイジングも大切ですが、エイジング世代だからこそ、歯のキレイさにもこだわりたいですよね。ご紹介した食べ物や飲み物を参考に、お口の健康にもこだわってみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

 

【関連記事】
「早食い」はデブ・たるみの元!?噛むだけアンチエイジング

【参考】
※ 梅津貴陽著「太った理由は、口の中を見れば分かる」(主婦の友社)
※ 宮城キャラバン(蔵王) イチおし 食べなきゃ損!?魅惑のチーズ – あさイチ(NHK)
※ 成分情報 キシリトール – わかさ生活
※ 成分情報 ウーロン茶 – わかさ生活
※ チョコレート・ココア健康講座 - 日本チョコレート・ココア協会

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

shutterstock_192205460

Related Article関連記事

最新の記事