お正月ボケをリセット&脂肪燃焼!?いま食べたいフルーツ3つ

お正月休みが終わり、疲れが出ている方も多いのではないでしょうか。なんとなく、家事も仕事もやる気が出ない……という方は、フルーツで気持ちをリフレッシュしてみてはいかがでしょうか? 前向きな気持ちになれるだけでなく、お休み中に溜まった脂肪のデトックスも期待できますよ。

160105iwata00

■お正月疲れをリフレッシュできるフルーツ3つ

(1)乱れた体内時計のリセットなら「レモン」

お休みが続くと、夜更かししたり、お昼寝をしたり、いつもとは違った時間で睡眠をとってしまい、朝起きるのが辛くなってしまいますよね。これは、体内時計が乱れているため。レモンの香りには、体内時計をリセットする働きがあることがわかっています。体内時計は、睡眠と覚醒、つまり副交感神経と交感神経の入れ替わりを司る働きです。朝に体内時計をリセットすることで、身体は交感神経優位な代謝モードに切り替わります。レモン水やレモンティーなどで、朝にレモンを摂って、お正月休み中に乱れた体内時計のリズムを元に戻しましょう!

 

(2)やる気が出ない方は「オレンジ」

オレンジの香りは、脳を刺激して、アドレナリンの分泌を抑え気持ちをリラックスさせる働きや、ハッピーホルモン「オキシトシン」の分泌を高める働きがあります。また、オキシトシンは血液によって皮膚に届き、お肌の細胞を活性化させる働きもあるとか。気持ちもお肌もリフレッシュできるフルーツです。

 

(3)脂肪が気になる方は「グレープフルーツ」

 グレープフルーツなどの柑橘系フルーツの香り成分「リモネン」には、交感神経の働きを活発にして脂肪の燃焼を促したり、交感神経が活発になることで気持ちを前向きにしたりする働きが。また、苦み成分「ナリンギン」には、満腹感を早める働きや、糖の吸収を穏やかにする働きがあり、ダイエットにおすすめのフルーツです。

ご紹介したフルーツは、ビタミンCや食物繊維も豊富で美容健康に役立つものばかり。柑橘系フルーツを食べて、ココロも身体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】

【参考】
レモンで体内時計をリセット!− ポッカサッポロ
香りで幹細胞が元気になる - メナード
成分情報 スイートオレンジ – わかさ生活
フロリダ グレープフルーツにかんする研究結果 – フロリダグレープフルーツ公式サイト
成分情報 グレープフルーツ – わかさ生活

【参考】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

160105iwata00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle