30代・40代からのアウター×インナー「こなれ見え」配色ルール

冬のオシャレを決定づけるアウターの着こなし。面積が多いだけに、シンプルになりすぎたり地味な印象になりがち。そろそろそんなマンネリな着こなし、やめてみませんか? そんな時はインナーの色との組み合わせで、こなれた雰囲気を醸し出してみるといいかもしれません。

20160116nagaoka

 

■全体をトーンの同じ色で、品よくまとめる

大人っぽいグレー、白などのベーシックカラーのワントーンは、どんなアウターも品よく見せてくれるオシャレな配色。グレーなら濃いめのグレー、淡い色のグレーなど、グレーのトーンを1つにまとめます。

20160116nagaoka1

さらに素材や色のトーンを上手にミックスして奥行きを作れば、シンプルながら、洗練された着こなしになります。

0118nagaoka03

 

■インナーとアウターで、色にコントラストをつける

ボリュームのあるアウターをスタイルよく着こなしたいときにも、「インナーをワントーンでまとめる」ワザが使えます。ポイントは、アウターの色とコントラストがつくような色をインナーに持ってくること。たとえば画像のように、アウターが淡い色なら、濃いめのネイビーや黒など。アウターが濃いめの色なら、白や淡いグレーなどがオススメ。するとインナーのIライン効果が強調され、ボリュームのあるアウターもスタイルよく着こなせます。

20160116nagaoka4

 

■トレンドカラーを取り入れて、今年っぽい印象に

冬のコーディネートのマンネリ解消に有効なのが、ブルーやピンクなどの、鮮やかなカラーをインナーに投入すること。柔らかな素材のプリーツスカートや、セーターなど、1点だけ明るめカラーにすれば、今っぽさも失われません。ちょっと遊び心を感じられる上級者の着こなしに仕上がります。

20160116nagaoka5

コートの着こなしも、インナーとの組み合わせを変えるだけで、マンネリを防げます。人とはちょっと違うイメージにしたくなったら、ぜひこのルールを取り入れてみては?
(ライター・長岡宏江)

【関連記事】
ガウチョ・ワイドパンツでバランス◎!上級コートコーデ3つ

【参考】
ONWARD CROSSET

20160116nagaoka

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle