LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

冬コーデがアカ抜ける!マスターしたい差し色ルール3つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ついつい暗めになりがちな冬服も、たまには全体的に暗い印象をパッと和らげたいものです。そこで、役に立つのが「差し色」。オシャレに見える差し色のルールをマスターしましょう。

20160112nagaoka

 

■主張の強い色は、「面積小さめ」で取り入れる

 ビビッドなブルーや赤などの主張の強い色を、面積広めに使うと、色が目立ちすぎてトレンド感も台無しに。小物やストール、小さめバッグ、セーターからのぞくインナーなどで取り入れるのがオススメです。赤の小物は上手に使うと女らしさが引き立ちmす。

20150112nagaoka1

ブルーなら爽やかな印象に。なりたいイメージ別に使い分けてもいいですね。

2-160112nagaoka2

 

■「深みカラー」なら面積が広くても◎

 ハットやコート、ボトムスなど、面積の広い部分に差し色を使いたいなら、深みのある色をセレクトしてみて。オススメは、ネイビブルー、モスグリーン、ワインレッドなど。

20160112nagaoka3

「深みのある差し色」以外のカラーならば、白などのベーシックカラーを合わせると、今年の流行を抑えたスタイルに決まります。

20160112nagaoka3

 

■「黄金配色」をマスターして!

色同士にも、合う・合わないという相性のようなものがあります。例えば「レッド×グレー」。彩度の高い赤を、落ち着いたニュアンスカラーであるグレーが中和してくれます。

20160112nagaoka5

「オレンジ×ネイビー」なら、元気な印象のオレンジを、落ち着いたネイビーとも好相性。どちらも寒色系の「ブルー×カーキ」も、シックなイメージに仕上がります。

20160112nagaoka6

差し色のルールをマスターして、マンネリになりがちな冬のおしゃれを楽しみましょう!
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
ガウチョ・ワイドパンツでバランス◎!上級コートコーデ3つ

【参考】
ONWARD CROSSET

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20160112nagaoka

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle