肩の位置で「老け姿勢」に!ヨガ講師が教える1秒リセット術

パソコンや携帯に顔をうずめるように集中する生活では、猫背になり腹筋も衰えがち。ソファや椅子に寄りかかりながらリフレッシュをしても、なぜか肩こりは増すばかりという人も多いのでは? 実はこれ、姿勢に問題があるのです。ポイントは「肩の位置」。老けて見えるか、若く見えるかの分かれ道でもあります。ヨガ講師の筆者が、仕事や子育ての合間にできる「老け姿勢」の悪循環を解消でき、なおかつ若々しく溌剌とした印象になる方法をご紹介します!

160212hatsuyo00

 

■姿勢の修正は、実はたった1秒でできる!

姿勢を正すには、まず肩の位置が重要です。肩の位置が前にあると猫背になりがちになり、美しさが激減します。では、実際にどの位置が美しい姿勢を保つ肩の位置なのでしょうか。

肩を後ろに回すと背筋もピンと伸びて美しい姿勢に

一秒でいいので、肩を後ろに向かってぐるっと回してみてください。すると自然と背筋が伸びて、胸が開いた状態になりますね。実は、そこが本来の肩の位置。長時間手を前にしていると、段々と腕自体が前にひっぱられ、背中が丸まってきます。すると腹筋や背筋が緩み、姿勢が悪くなってしまうのです。「肩こりがある」「猫背になっている」などと気づいたら、肩を後ろに回してみましょう。背筋もピンと伸びて美しい姿勢作ることができます。

 

■印象はこんなに違う!NG姿勢とOK姿勢

何もしない普段の姿勢

肩が前に出て、背中が丸まっています。

160212hatsuyo01

 

肩を回した後の姿勢

こちらが肩回し後の姿勢。肩が正常な位置にきて、背筋がスッと伸びています。

160212hatsuyo02

女性の美しさは姿勢から。どんな美しい人も、背中が丸まっていたり足を広げて座っている人は、美しさが激減しますよね。正しい肩の位置を心がけて、本来の美しさを保ちましょう!
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

160212hatsuyo00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle