セール服で−5歳!?若返りコーデなら「ペールトーン」が大正解

黒やネイビーといったダークカラーが主流だった冬から一転、来春はアイスピンクやアイスブルーなど「ペールトーン」が流行の模様です。ファッション界ではすでに春夏アイテムがスタートし、たちまち軽やかな色使いやデザインが目白押し。セールでも薄手のものや明るい色を目にしたら、ぜひ手に取ってみましょう!

1223hatsuyo05

 

■パステルカラーとの違いって?「ペールトーン」とは

 色彩学で使われる専門用語「pale tone」。paleには色が薄いという意味があり、toneは色合い、濃淡を意味します。ペールトーンは「淡い色」を表わし、パステルカラーと同語と考えてよいでしょう。ベージュやオフホワイトもその仲間です。

1223hatsuyo01

 

■デザインを効かせてメリハリをつければ着やせも可能

「膨張色は太って見えるから着たくない……」という人もいます。しかし、ダークカラーだったらやせるのかというと、実はそこには落とし穴が! 選ぶベきはポイントはデザインです。ニットも首もとが開いたVネック、ボトムはガウチョパンツやプリーツスカートで体型カバーできるものを。

1223hatsuyo03

暗い色で全身を覆うと全体が重たく見えるので、明るい色をどこかに入れた方が着こなしにメリハリが出て着やせしてみえるものです。

1223hatsuyo02

 

■「ペールトーン」でマイナス5歳若返り!

 ペールトーンのいいところは、とにかく顔写りを明るくしてくれること。そのためダーク系よりも顔色が良く肌ツヤもよく見えるもの。そのため、メイクも薄付きにしたり、やさしい色で軽やかになるため、より女性らしくソフトな印象になります。異性を意識するなら、みんながダーク系の冬こそ、我先にとペールトーンであなたの魅力をアピールして!

1223hatsuyo04

 

■セールでゲットしたいアイテム

セール品でゲットすべきは「ペールトーン」アイテム。春に着回しのきくシャツやブラウス、薄手のニットは買い物リストに加えましょう! 流行に乗るなら、プリーツスカートや薄手のアウターもオススメです。

いかがでしたか? ぜひセールを活用して、お買い物を楽しんでくださいね!
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
ガウチョ・ワイドパンツでバランス◎!上級コートコーデ3つ

【参考】
ONWARD CROSSET

1223hatsuyo05

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle