お正月に◎!「脂肪の蓄積をブロックしてくれるお茶」3つ

新しい年を祝うごちそうは、お正月の楽しみの一つです。思いっきり食べて飲んで楽しみたいものですが、こんなときもダイエットはやはり気になるところ。飲み物・ドリンクに一工夫して、脂肪の蓄積をブロックしましょう!

20151221yano

 

■おせちの合間に!脂肪の蓄積をブロックする飲み物はこの3つ

(1)「サラシア茶」で糖の吸収をブロック!

アーユルヴェーダなどの伝統医学で数千年前以上も前から利用されてきたサラシア茶は、糖の吸収を抑える働きがあり、その効果は2002年にWHO(世界保健機関)にも認定されています。血液中の余分な糖は、脂肪細胞に取り込まれてしまいますから、糖の吸収を穏やかにすることは脂肪の蓄積をブロックする第一歩といえます。腸で吸収されなかった糖は、そのまま大腸に届き善玉菌のエサとなります。また、サラシア自体にも善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれています。サラシア茶は、腸内環境美化にも役立ってくれる優等生なのです。

 

(2)「緑茶」で脂肪を燃焼!

トクホ(特定保健用食品)としても認定されている「茶カテキン」には、脂肪の分解・燃焼に必要な酵素を活性化させる働きがあり、食事と一緒に摂った脂肪の燃焼を促すことがわかっています。さらに、既に蓄積された脂肪の燃焼をも促す働きがあるとか。お正月は、茶カテキンの多い渋めのお茶を飲むと良さそうですよ。

 

(3)「ジンジャーティー」で脂肪にグッバイ!

生姜は、冷えとり食材としてお馴染みですね。生姜の辛味成分には、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を促し、身体を温める働きがあるため、冷えも脂肪も撃退してくれます。また、紅茶に含まれるポリフェノールには、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを阻害して、脂肪の消化吸収を抑える働きがあります。一緒に摂れば相乗効果が期待できそうですね!

ごちそう続きの楽しいお正月も、油断は禁物。飲み物を工夫して脂肪を残さず過ごしたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
サラシアに秘められた驚きのパワー – 富士フイルムヘルスケア未来研究所
茶カテキン 脂肪消費のはたらき – 花王
茶カテキンとは – 花王
脂肪に紅茶!? – KIRIN

20151221iwata

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle