劇的燃えボディ!カンタン・効率◎エクササイズ&食事方法

「簡単でそんなに動かなくて、しかも劇的に身体が引き締まる方法はないかな?」と考えている人はいませんか? 実はあなたにオススメのエクササイズがあるのです。今回は、美ボディ作りには欠かせない、エクササイズ前後の「効率よく燃える食事の摂り方」についてもご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

A24099624_m

 

■効率よく燃える身体になる食事

 エクササイズをするのが面倒くさいと思う理由に、「食事はいつ、どのようなものを摂ればいいの?」と美味しいものが好きな女性は悩んでしまうと思います。そこで、エクササイズ前後の食事をご紹介するので、参考にしてください。

 

■エクササイズ前の食事

運動を始める2時間前までに、できれば消化・吸収の遅い炭水化物を摂りましょう。例えば、お蕎麦、もち、全粒粉を使ったパン、さつまいも等。特にお蕎麦は、時間をかけて消化・吸収が進む炭水化物なので、持久力を高め、脂肪燃焼を促す作用が強い食品です。また、運動の4時間前からは脂質の多い食事は避けましょう。脂質の多い食事を摂ると、一酸化窒素の働きによって筋肉に送り込まれる血液の量が少なくなり、運動効果が低下してしまいます。

 

■エクササイズ後の食事

運動直後の30分間はゴールデンタイムです。このタイミングで適切に栄養素を補給できると、筋肉の成長を促し、疲労回復も促進してくれます。オススメは、効率的な筋力アップを助け、基礎代謝の向上に役立つのが定番の「プロテイン」。プロテインとは、タンパク質のこと。タンパク質は、筋肉の強化や血液、骨、皮膚を作る、成長には欠かせない栄養素なのです。「プロテイン」はボディービルダーの飲み物というイメージがあるかもしれませんが、エクササイズブームの現在は、種類も増えたので自分にあったものを探してみてはいかがですか?

 

■効率よく燃える体に!

 この動作は、先日紹介したお正月太りを解消するエクササイズ(過去記事からぜひご覧ください!)同様、大きな筋肉群を刺激し、効率よく脂肪を燃焼させ、尚且つ太りにくい体に近づけてくれます。ご紹介しているスクワットの動きは、ヒップアップやお腹やせに抜群の効果があります。この動作に腕を伸ばす動きで二の腕の引き締め、ねじる動きでクビレや背中引き締め効果を狙っていきます。

1.脚を肩幅よりも大きめに開き立ちます。両手を肩の高さに伸ばし、膝が90度になる位置を目安に腰を下ろします。この時、膝がつま先よりも前に出ないように注意し、かかとの方に体重を乗せましょう。

20151225kazuyo1

2.そのまま左手を右膝外に付け、右手は天井方向に伸ばします。ゆっくり5呼吸繰り返します。両手を天井方向に伸ばし、体を正面に戻したら反対側も同様に動作しましょう。

20151225kazuyo2

3.下半身は固定したまま、膝が内側に入ったり、つま先が斜めに開きすぎたりしないように注意しましょう。左右3回を目安に動作を繰り返しましょう。

20151225kazuyo3

いかがですか? 下半身の大きな筋肉+呼吸+捩じりでかなりの効果が期待できそうです!ぜひ、習慣にしてみてください。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
OVER30代がバレバレ!?「腰周りの肉」ダイエットのヨガポーズ

A24099624_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle