あなたは大丈夫?顔ヨガ講師が教える「目尻のシワ」の原因

肌が乾燥してシワが気になる人が増加する冬。美容面でも悩ましい季節ですよね。特に気になる目尻のシワは、保湿をしてもいつにも増して一層深くなり、ケアをしても戻らない! なんて人も多いのでは? 保湿してもシワが深く刻まれていく理由は、乾燥だけではありません。そもそも、なぜ「シワ」ができるかご存知でしょうか? 実はコレ、意外と気づかない落とし穴なんです。

20151225hatsuyo

■無意識でやっているかも!「日常生活の癖」を見直そう

シワができてしまうのは、年齢や乾燥以外にも「日常生活の表情グセ」という大きな原因があります。目尻のシワができやすい人は、笑うときなどに目を細める癖がある、ということです。 しかし、自分の顔にどんな癖があるかは意外と気づかないもの。そこで、家族や友人など、周りの人に日常的に目を細めているかどうか教えてもらいましょう。自分では知らなかった新たな発見があるはずです。

 

■目を細めずに笑ってみよう!

「目を細めていた!」という人は、どんなにシワを伸ばしても保湿をしても、自ら一日の中で何度も目尻にシワを作るきっかけを作ってしまっていたということ。なるべく目を細めずに笑うようにしましょう。モチベーションを上げるためにも、雑誌やテレビなどで見かける女優さんやモデルさんなど、憧れの人の笑顔を参考にしたイメージトレーニングもオススメです。

 

■あなたの笑顔は大丈夫? タイプ別チェック!

いつもの自分の笑顔を思い出してみて。シワができやすい笑顔は、下の画像のような目を細めた笑顔です。

「目尻にシワができる笑顔」

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

「目尻にシワができにくい笑顔」

目尻のシワができにくい笑顔を作るポイントは、目力を使うこと。笑う時に視界がなくならないよう、しっかりと目を見開いた笑ってみましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

今まで悩んでいた目尻のシワがいつもより薄くなり、シワ改善が期待できますよ! ぜひ試してみてくださいね。
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

20151225hatsuyo

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle