トップス別!30代・40代流「トレンドネックレス」コーデ

コートやニットなど、厚手の服や重ね着に気を取られがちな冬ファッション。「どうせ着込んでいて見えないし…」とアクセサリーに気を抜いていませんか? シンプルなファッションを好む大人女性こそ、アクセサリーをポイントにしたいところ。ですが、「ネックレスの合わせ方やコーディネートがわからない」という声もよく聞かれます。そこでスタイリストである筆者より、「もう迷わない!ネックレスの合わせ方」をお教えしたいと思います。

0113morita01

 

■トップスで決める!ネックレスのコーデ方法

合わせ方のポイントは、トップスのデザインによってネックレスを決めることです。これが一番間違いがありません。あらかじめこのトップスにはこれ! と決めておけば、忙しい朝でもサッとアクセサリーを選べますね。

丸首・首つまりニットやカットソーには、ロングネックレスを

首のつまったニットやカットソーには、ロングネックレスが理想的です。短めのネックレスは、首のリブとぶつかってトップスの中に入ってしまうこともありますから、ロングタイプをチョイスするようにしましょう。おへその少し上くらいまでの長めのものなら、今年らしさも抜群。2連、3連タイプの華やかなものでも、うるさくならないのでオススメです。

20160112morita1

 

Vネックニットやカットソー・衿つきシャツなら、ショートタイプを

首元が空いているニットやシャツには、ショートタイプのネックレスを合わせましょう。鎖骨のラインに沿うような長さなら、女性らしさも演出できてオススメです。首まわりが開くスタイルにありがちな、「ゆるっとした印象によって太って見える」というデメリットを防ぐ効果もあります。

20160112morita2

 

タートルやハイネックのニット・トップスなら、シンプルなミディアム〜ロングタイプ

この冬もトレンドのタートルやハイネックトップスには、ミディアム〜ロング丈のネックレスを合わせましょう。胸までくらいの長さから、おへそ上までくらいの長さが相性抜群! 上述の丸首・首つまりのトップスのときとは違い、あまり派手なデザインや、華やかすぎるデザインは「やりすぎ」な印象を与えてしまうので、オススメしません。ゴールドやシルバーのシンプルなチェーンタイプのロングネックレスを合わせるようにしてみてください。

20160112morita3

いかがでしたか? トップスによって合わせるネックレスを決めておけば、なんだかしっくりこない……という憂鬱な1日もなくなりそうですよね。ぜひ参考にしてみてください。
(ライター/スタイリスト 森田文菜)

【関連記事】
失敗知らず!30代・40代の「ニット帽」選び方・かぶり方・コーデのコツ

0113morita01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle