時短・疲労回復・リラックス…目的別「効果的なお風呂の入り方」

冷えて硬くなった身体を温める一番簡単な方法、それが入浴です。入浴は心身のリラックス効果が高く体温も上がるため、エイジング世代にとっては欠かせない「美活」のひとつ。目的に合った温度や入浴時間、温活に効果的な入浴のコツを知っていると、さらに美活が楽しくなるかも? シーン別にお風呂の上手な活用方法をご紹介します。

20151215Eriko

■身体が疲弊しきっているときの入浴のポイント

身体の疲れを癒すには、血液を全身に行き渡らせて身体を温めることが大切です。そのためには40度ぐらいの湯温(夏は39度)で20分ほど、肩までしっかり浸かること。体温が上がると、傷んだ細胞を修復して免疫を高めてくれる「HSP70(ヒートショックプロテイン)」が生成されるため、疲労回復効果が高まります。

 

■神経をすり減らすストレス・心の疲れには

ストレスが重なると交感神経が優位になり、血流が悪くなって身体が冷える原因となります。そんなときは副交感神経を刺激してリラックスする入浴がおすすめ。少しぬるめの38度〜39度の湯温で15〜20分ほど浸かります。そこへ好きな香りの精油を使ったバスソルトを入れることで、癒し効果もグンとアップします。

 

■時短でも心地よい睡眠を促す入浴方法

仕事や飲み会で帰宅が遅くなった時、お風呂に入るのが面倒だからシャワーで済ませる、そんな方も多いのでは? 確かに入浴が寝る直前になってしまうと、心地よい睡眠のポイントである体温降下がうまくいかなくなる可能性があります。そんなときは、神経を刺激しないよう39度ほどの湯にサッと10分ほど浸かって、少しだけ体温を上げるといいでしょう。

 

■「半身浴」は本当に身体をあたためるの?

身体の中でもっとも大きな血管があるのが首もと。よって、首を温めると温かい血液が効率よく全身を巡り体温上昇につながります。半身浴は、肩まで浸かる全身浴でしっかり身体全体を温めた後に行うと良いでしょう。

心身のリラックスや温め効果など、女性のキレイを叶えてくれる一番簡単で効果的なツールが入浴です。1日最後のご褒美として、お風呂タイムを満喫してくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
※石川泰弘著(2011)『お風呂の達人 バスクリン社員が教える究極の入浴術』(草思社)

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle