30代・40代流「チェスター・ダッフル・Pコート」のコーデ術

寒さも本格的になり、コートが手放せませんね。トレンドのチェスターコートから定番のダッフルコートやPコート、どうせ着るなら、オシャレにこなれた感じで着こなしたいですよね。今回は、それぞれのコート別にオシャレに着こなせるコツをご紹介します。

20151215nagaoka

 

■チェスターコートはレイヤードを楽しんで

 コートの中身を見せやすいチェスターは、シャツやカーディガンをインナーにして、レイヤードを楽しみながら着こなしたいアウター。秋物のアウターを冬まで使えるうえ、こなれ感もワンランクアップ! シャツのほか、デニムジャケットやロングカーディガンと合わせるのもオススメです。

20151215nagaoka

 

■ダッフルコートは、ゆるいIラインで女らしく

ベージックに着ると、子どもっぽく見えたり、着ぶくれしたりと、実はなかなか着こなしが難しいダッフルコート。メンズライクなシルエットのダッフルコートは、ゆるっとした女らしいIラインで着こなすのが正解です。今が旬のガウチョやワイドパンツなどと組み合わせて、ほどよいルーズ感を演出してみて。

20151215nagaoka

 

■Pコートは、今年らしくスポーティに外す

 Pコートは、ついつい同じような着こなしになってしまいがち。そこで、今年はちょっとスポーティーなアイテムを加えて、ひとひねり効かせましょう。ブルゾンやMA-1のように、カジュアルアイテムと合わせて着こなしても、意外とハマるんです。ジーンズやスウェットワンピ、スニーカーなどを合わせるとステキにキマります。

1218nagaoka03

ちょっと意識するだけで、オシャレにこなれて見える3大コート。もっともっとステキに着こなしてみませんか?
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
ガウチョ・ワイドパンツでバランス◎!上級コートコーデ3つ

【参考】
ONWARD CROSSET

20151215nagaoka

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle