いくつできてる?美しく歳を重ねる「美エイジング」10カ条

「病は気から」とよく言いますが、アンチエイジングの分野では「老いは気から」と気持ちも、とても重要視されています。そこで、今回はエイジングケアに必須の生活習慣やマインド、日々の生活の中でどれだけ実践できているのか確認してみましょう。あなたは、いくつ実践できていますか? 今回はホリスティックビューティインストラクターの筆者が、前向きなエイジングへの心得や、習慣チェック10か条をお伝えします。

20160215koduka

 

■いくつできてる?前向きに歳を重ねる「美エイジング」チェック

1.美容健康の源!?毎日正しいスキンケアをする

日々のお手入れを楽しみ、毎日ていねいに肌を労るのは、美容のためだけではありません。身体や肌のわずかな変化を早期に発見し、すぐに対応できるようになります。美しさのキープにも、もちろん必須ですね。

 

2.ちょっとしたことでもOK!毎日「感動」している

感動というと大袈裟に感じるかもしれませんが、晴れ渡った空や道に咲いた花が美しかった、青信号が続いたというようなちょっとしたことでも、日々心を震わせることの積み重ねが「美エイジング」に繋がります。

 

3.日常に彩りを与える「常にチャレンジ」の心がけ

今年の目標、やりたいことリストは書き留めていますか? 中長期的な目標や夢だけでなく、短期的な目標など取り組むべき課題を設定すると、日常に彩りを与えてくれます。

 

4.キレイになるのに欠かせない!「ときめき」を忘れない

「恋をするとキレイになる」とよく言われますが、感情の高まりが脳を刺激し、美ホルモンと言われる「エストロゲン」を分泌するなど、「美」にときめきは欠かせません。

 

5.自分に合った方法を見つけて!適度な運動をしている

ただ生活しているだけでは、年齢を重ねるごと基礎代謝量が落ちて、筋力が衰えてしまいます。継続的に長く続けていけるウォーキングやヨガなど、自分に合った運動習慣を身につけることが必要です。

 

6.バランスのよい食生活

身体は食べた物で作られます。食は美容と健康に大切なだけでなく、人生の楽しみのひとつですよね。どんなものも取りすぎは害になりますので、バランスを重視しましょう。まずは、飲むものや調味料からこだわってみませんか?

 

7.「プラス志向」を心掛ける

いつも明るく、笑顔の人は、若々しく美しく感じるものです。ついついマイナス志向になってしまうという方は、プラス志向の方のそばにいるということから始めるのも◎

 

8.芸術に親しむ

絵画や音楽などは心身の健康、ストレスケアには有効な手段です。でも、私は芸術は苦手……という方は、いつもとは違う別の道を通ったり、別のレストランに変えてみたり、日々の生活に新たな発見やちょっとした刺激を与えていくこともオススメです。

 

9.タバコは吸わない

タバコは百害あって一利なし。自分が吸っていなくてもタバコの副流煙によって、肌の酸化や健康被害はご存知の通り。喫煙している方は少しずつでも吸う本数を減らし、禁煙に向け一歩踏み出しましょう。

 

10.ストレスと上手に付き合う

ストレスは人生のスパイス、多少のストレスは実は長生きのコツです。しかし、解消できないほど大きくなると、エイジングケアの大敵に! ストレスを減らしたり、解消する方法を持ち、上手に付き合っていきたいですね。

あなたは、いくつ実践できていましたか? 老化の原因は、人それぞれで、どんな危険因子を抱えているかも違ってきます。美しく、楽しく年齢を重ねていくために、まずは自分の弱点を知り、日常生活の中でどこから変えていけるかなと考えることが初めの一歩です。健康的に美しく、20年・30年先のHappyエイジングに向けて今できることから少しずつ続けていきましょうね。
(ホリスティックビューティインストラクター 小塚美香)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle