LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

オトナ女子の夜に!身体ぽかぽか「グリューワインの作り方」

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寒さが身にしみる師走の夜。身体が冷えていると免疫力が下がるだけでなく、美容に悪影響を及ぼすことは、30代・40代のエイジング女性なら皆知っているはず。「でも手足の先が冷えて…」そんな方におすすめしたいのが、全身ぽかぽかにしてくれるグリューワイン(ホットワイン)。今回は簡単な基本のグリューワインのレシピをご紹介します。

1226eriko01

■お酒が飲めなくても大丈夫!アレンジアイデア

お酒が弱い方は、赤ワインを温めるときに沸騰させ、アルコール分を抜いてみてください。ほんのり酸味が効いたスパイシーホットジュースのような感覚でお召し上がりいただけます。お子さま向けには、ぶどうジュースで作ってもOK。また、赤ワインが苦手な方は白ワインで作ることもできますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

■グリューワイン(ホットワイン)の作り方

用意するもの(2人分)

赤ワイン 2カップ分
オレンジ 小玉半分
レモン 半分
はちみつ 大3(甘めがよければ多めに)
スパイスハーブ(クローブ小1、シナモン小1)*合わせてお茶パックやお茶袋にいれておきます。
ラム酒少々

 

作り方

(1)オレンジとレモンの絞り汁、はちみつを鍋に入れて弱火で温めます。
(2)(1)へ赤ワインと、お茶袋に入れたスパイスハーブを入れて、沸騰させないように温めます。
(3)よく温まったらスパイスを取り出し、最後にラム酒を少々入れて出来上がり。

*オレンジやレモンを丸ごと使ってもOK。(ただし皮部から渋みが出るので、取り出せるようにしておくと良いです)
*はちみつは砂糖20gでも代用可。

 

■心地よい睡眠を促す「温活ドリンク」として

シナモンには血液循環を促す作用があるため、冷え性さんにはもってこいのスパイスハーブ。また、スッキリしたクローブと柑橘系の香りは相性も抜群で、赤ワインが心地良い酔いをもたらします。ベッドに入る前のくつろぎタイムに飲めば力が抜けて、程よく温まった身体が最高の眠りを約束してくれますよ!

ヨーロッパの家庭ではクリスマスシーズンの名物ドリンクとなるグリューワイン。少しアルコールを効かせたい大人女子におすすめの温活ドリンクです。ぜひお試しを。
(ホリスティックビューティインストラクターEriko)

【関連記事】
美肌・美腸に!毎日続けたい「酒粕ヨーグルト」「はちみつ甘酒」レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle