「内臓疲れ」解消で透明美肌に!レモン水&ヨガポーズのすすめ

パーティーシーズン真っ盛り! 食べ過ぎや飲みすぎによる内臓の疲れが心配です。消化不良や便秘といった内臓からくる症状はもちろんですが、肌荒れ、むくみといった二次的症状もおブス指数を上げてしまいます。そこで今回は、簡単過ぎるヨガポーズで内臓の疲れを解消し、美肌になる方法をご紹介します。

20151211kazuyo

 

■レモン水で透き通る肌に!おすすめの理由6つ

 食べ過ぎや飲みすぎなどで内臓が疲れたら、まずお休みさせることが大切です。そこで白湯+レモンで水分補給し、デトックス力もUPさせましょう。白湯は身体の老廃物を流し、脱水症状を防ぐためにアーユルヴェーダでも1日中こまめに摂るようにアドバイスされます。お湯で洗濯した方が汚れが早く落ちるように、温めた水には全ての作用を早める効果があります。

1.免疫力がアップする

レモンはビタミンCとカリウムが豊富で、脳と神経を刺激します。カリウムはさらに血圧を抑える効果があります。免疫がアップすれば当然、風邪も引きにくくなります。

 

2.pHレベルを保てる

 レモンはもっともアルカリ性の高い食品のうちのひとつ。身体全体の酸性度が減ることで、病気になりにくくなります。

 

3.ダイエット効果がある

 レモンはペクチン繊維が豊富で、レモン水を飲むことでお腹が空きづらくなります。

 

4.消化を助けてくれる

 肝臓が胆汁を作り出す作用を手助けすることで、消化がよくなり、胸焼けや便秘を減らしてくれます。

 

5.利尿作用がある

レモンは身体の利尿作用を増やし、毒素を排出して、泌尿器官を健康に保ってくれます。

 

6.気持ちがおだやかになる

身体や精神がストレスを感じたときに、真っ先に消耗するのがビタミンCです。

 

■美腹ポーズ(バラーサナ+ゲンコツ)で透き通る肌に!

 ポーズの合間のお休みポーズとして親しまれているバラーサナ(チャイルドポーズ)は、自重によりスネや膝まわり、お尻や腰、背中をストレッチし、疲れを解消してくれます。また、深い呼吸により、内臓が活性化されるので、便秘や美肌効果は抜群!

ゲンコツがポイント!むくみ解消のツボ

さらに今回は、ゲンコツをお腹のツボに添えて、代謝を上げてむくみを解消してくれます。今回ご紹介するツボは、おへそから指4本文上にある「中脘(ちゅうかん)」です。消化器官全般によく効くツボで知られ、特に胃腸の病を改善し、胃腸の働きを活発にしてくれます。食べ過ぎ、胃もたれ、食欲不振などにも大変効果があります。また、脂肪燃焼を促進する働きもあり、ダイエットにも効果的です。軽く3秒程度、満腹時を避けて1日3回程度、ゆっくり押してみて下さい。

 

やり方

(1)床に正座姿勢になります。親指を包むようにゲンコツを作り、おへその上あたりに添えます。

20151210kazuyo

(2)ゆっくりと息を吐きながら、上体を倒します。身体に力が入るとゲンコツがお腹に深く沈まないので、吐く息と共に肩の力を抜き、肘も床の方に下ろしましょう。お腹がほぐれたら、そのままげんこつを横に移動させると、腸を刺激できるので便秘やガスが溜まっていると思う人は、げんこつの位置を変えてみましょう。

20151210kazuyo

いかがでしたか? 最初はお腹の硬さや痛みを感じる人も多いかもしれません。その痛みは、身体からの信号だと思って、口にする物のクオリティーや量などに今一度意識を向けてみましょう。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle