LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

薬が苦手な人へ!「咳・喉の痛みに効果的なハーブティー」3つ

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

仕事納めや忘年会に忙殺されて身体の調子を崩しやすい年末年始。特に辛いのが大人の風邪に多い喉の痛みや咳症状。早く抑えたいからお薬を飲む、そんな人も少なくないはず。しかし、ナチュラルライフを好むエイジング世代の女性の中には、長い期間お薬を飲むのに抵抗があるという人も。そこで今回は、辛い喉の痛みや咳を和らげてくれるハーブティーをご紹介します。

1212Eriko00

■強い抗菌力を持つ「タイム」

 ハーブの中でも最も抗菌力が強いといわれるタイム。精油成分やフラボノイド類が相乗効果を生み、痰を切って辛い咳を抑えてくれます。安全性が高いので、子どもに多い百日咳やカタル症状にも使用できます。はちみつなどで甘みを加えると、飲みやすさが増してGOOD 。

 

■粘膜を保護してくれる「マシュマロウ」

 天然の粘液質を多く含むので、空咳や咽頭炎、気管支炎、胃腸炎、口腔炎などで痛んだ粘膜を優しく保護してくれます。根っこの硬い部分を使用するため、ハーブティーで飲むときは熱湯で数分煮出すと成分が溶け出て効果もアップ。

 

■ストレス性の咳にも◎「ヒソップ」

 ストレス性の咳にまで対応するハーブとして重宝するヒソップ。風邪やインフルエンザに伴う、鼻づまりや痰のからみなどにも効果的です。また、疲弊した神経を元気づけるトニックのような役割を持つため、心身ともにダウン気味のときは常備して飲みたいもの。ただし、妊娠中の方は使用を避けてくださいね。

「風邪を治す薬はない」と言われています。ならば免疫力を上げて、上手に風邪を乗り切りましょう。これらのハーブはお近くのハーブショップで簡単に手に入りますので、ぜひ試してみてくださいね。1日3〜5回ほどに分けて、こまめに飲むと良いでしょう。
(ホリスティックビューティインストラクターEriko)

【関連記事】
看護師が伝授「疲れたらエナジードリンク代わりになる飲み物」3つ

【参考】
※林真一郎著(2010)『メディカルハーブの事典』(東京堂出版)
※リエコ・大島・バークレー著(2013)『英国流メディカルハーブ』(説話社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

1212Eriko00

Related Article関連記事

ピックアップ

表情が印象を左右する!?プロが教える印象アップの自己プロデュース術

年齢を重ねても美しく魅力的な女性であるために、メークやファッションに気を使っているという女性は多いですよね。実は、女性の魅力は、「静止画」で伝わる表面的な美しさに加えて、表情や仕草など「動き」も含めた …

最新の記事