LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

親子で楽しんで!「リンクファッション」コーデのアイデア4つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ファッション好きのママなら、お子さんと出かける時だって気を抜かずにいたいはず。せっかくなら、お子さんとのリンクファッションで、コーディネートを楽しみませんか? お子さんの洋服とご自身の洋服のどこかをリンクさせると、オシャレ度をアピールできますよ! 今回はリンクファッションの取り入れ方を4つご紹介します。

A32552799_m

■ロゴアイテムを取り入れる

パーカーやトレーナーなどのロゴが入っているアイテムなら、お子さんとの一体感も出やすいかもしれません。

20151211nagaoka

全く同じアイテムのサイズ違いを着て楽しんでもいいですし、トレーナーやTシャツなど、ロゴやマークを合わせてみると、ちょっとしたひねりが合って、周りからも「あ、素敵」と思われるかもしれません。

1211nagaoka01

 

■同じカラーのアイテムでリンク

例えば、あなたが赤いカーディガンを着るなら、お子さんには、靴や小物といった別のところに赤を持ってくるなどしてみてはいかがでしょう。

1211nagaoka03

 アイテムをリンクさせるより、もっと自然な感じが出ますし、「あ、なんとなくバランスよい親子のファッション」など、周りの人に気づかれやすいはず。普段持っているアイテムでできるのがうれしいところです。

スクリーンショット 2015-12-11 18.15.08

 

■同じブランドの、同じ小物を取り入れる

「いかにもお揃い」という見え方に抵抗がある方には、これがオススメです。例えば、同じメーカーのリュックを背負ったり、小物を同じメーカーで合わせたり。

20151211nagaoka

同じメーカーものアイテムを親子で揃えることで、2人で出かける時の一体感も増して、親子の仲の良さがそれとなく伝わります。オススメは「TOCCA」。キッズラインも大人向けも小物が豊富です。

スクリーンショット 2015-12-11 18.22.32

 

■デニムのアイテムを取り入れる

もっと自由に親子でリンクアイテムを楽しみたいなら、今年流行の「デニム」を使ってみてはいかがでしょうか。

20151211nagaoka

ママはシャツで、お子さんはデニムワンピースに、また、ママはジーンズで、お子さんはシージャンに。などと、デニムという素材を合わせるだけなので、バリエーションも豊富でチャレンジしやすいかもしれません。

スクリーンショット 2015-12-11 18.38.35

 一緒に出かける機会の多いお子さんとだからこそ、ファッションもどこかにリンクさせて、「あ、あの親子オシャレ!」なんて思ってもらいたいですよね。
(ライター・長岡宏江)

【関連記事】
ガウチョ・ワイドパンツでバランス◎!上級コートコーデ3つ

【参考】
ONWARD CROSSET

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle