見直せば気持ちもアガる!?身の回りの整理整頓ポイント3つ

もうすぐ年末ですね。年末には、大掃除をされる方も多いのではないでしょうか。大掃除とセットになってくるのが、そう、収納です。せっかく収納するなら、気持ちがあがったり、美しくなる収納にしたいですよね。今回は、そんな美しくなる&使いやすくなる収納テクニックをご紹介します。

20151210nagaoka

 

■バッグの中身を軽くして、身軽に!

 化粧ポーチや仕事の書類など、入れるものが多くて、何かと重くなりがちなバッグの中身。肩がこったり、持ち方によっては姿勢が崩れ、骨盤の位置が歪んでしまう可能性もあり、美容・健康にも望ましくありません。そこで、バッグの軽量化を図りましょう。

軽量化のための見直しポイント

例えばポーチ。ジップロックのような、マチのない薄型タイプを活用し、必要なものだけ持ち歩くようにすると、バッグの中でもかさばりません。また、お仕事鞄ならば書類はクラウド上で管理するのもおすすめ。バッグの中身を軽くするだけで、今まで悩んでいた身体のお悩みも解消するかもしれません。

 

■クローゼットは、左から丈の長い服順に

 法則性もなく、ただしまうだけでは、ごちゃついて服も選びにくいですよね。そんな時は、丈の長いアイテムを、左から順にかけていくのがオススメです。どんな洋服があるのか把握しやすくなるだけでなく、右肩上がりの構図がかたち作られると、心もウキウキするのだとか! 丈の短いアイテムをかけた下部分には新たな収納スペースも生まれるので、お得がいっぱいです。

 

■洗面所や化粧棚の収納アイデア

洗面所は「かける収納」を活用してみて

 身だしなみを整える洗面所や化粧棚は、自身がキレイでいるためにも、使いやすくしておきたいもの。そこでオススメなのが「かける収納」。ヘアアクセやドライヤーは、フックやハンギングバスケットなどを活用した収納を取り入れてみてはいかがでしょう。位置さえ決めれば、「どこにあったかな」と探す手間も省けて便利です。

日用品のストックは詰め過ぎない

また、シャンプーやコンタクトレンズの買い置きなど、しまっておくものは収納スペースの「5割」程度の量にとどめておきます。すると、必要なものが一目でわかり、さっと取り出せて便利。時間短縮にもなり、忙しい朝にはうれしいですね。


大掃除と合わせて行う収納も、せっかくするなら、より美しく、使いやすくしたいもの。ほんの少しのアイディアで、あなたの女度もアップするかもしれませんよ。
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
衣替えは断捨離のチャンス!「不要な物を減らす」コツ5つ

【参考】
※2015年 anan 1982号『整理&お掃除術』(マガジンハウス)
※荒井有里著(2004)『出したらしまえない人へ』(主婦の友インフォス情報社)
住まいの設備と健在 – Panasonic

20151210nagaoka

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle