美人力が止まらない!ローズ&ティートリー精油の活用法

慌ただしく新しい一年も始まり、寒さと疲れから体調を崩していませんか? 冬を気持ちよく乗り切るサポートになり、さらに美人力も底上げしてくれる、この時期にオススメの香りと活用法を、現役アロマ講師の筆者がご紹介します。

A26749024_m

 

■凛とした美しさを引き出してくれる「ティートリー」

「ティートリー」はもともと、オーストラリアの先住民が、優れた殺菌・消毒作用から傷薬として利用していたことで知られています。だからこそ、風邪などの感染症が流行るこの時期には特にオススメの香りです。また、清潔感のあるすっきりとした香りは凛とした美しさを引き出してくれますよ。 ブランドや分量も色々ありますが、ティートリー精油は、10mlで1,500円前後から専門店等で手に入ります。

簡単アロマスプレーの作り方

<材料>
・無水エタノール 5ml
・精製水 45ml
・精油 1~10滴
・遮光性スプレー容器

<作り方>
(1)無水エタノールに、精油を加えて混ぜます
(2)スプレー容器に1と精製水を入れて、よく振り混ぜれば完成
※無水エタノールや精製水は薬局等で気軽に手に入ります。スプレー使用時は毎回振って、早めに使い切りましょう。

お部屋の消臭・除菌対策だけでなく、洋服に付いた匂いや靴・ブーツなどの蒸れた匂いが気にな時にもシュッとスプレーするだけで、爽やかな香りが広がりますよ。濃度を抑えれば、ボディスプレーとしても使えます。

 

■美肌効果も高い「ローズ・オットー」

「精油の女王」と呼ばれる「ローズ・オットー」。精油1滴はバラの花200個分と言われている希少な精油です。「香りの研究はバラに始まりバラで終わる」とも言われるほど、多くの未知の成分を含んでいます。巷にあふれる「ローズ風」な香りではなく、本物をぜひ試して見てください。本物のローズの精油は13度以下の低温で固まるという性質がありますよ。美肌効果も高く、身も心も解きほぐれて、エレガントな女性らしさがアップします。お値段は張りますが、香りが強いので少量でも十分楽しめます。自分へのご褒美として、活用してみてくださいね。

ローズウォーター

価格や使い方に悩んだら、まずは芳香蒸留水(フローラルウォーター)という選択もあります。精油を抽出する際に、精油とともに得られる水です。刺激が少なく、そのまま使用できます。お風呂上りに全身に、お化粧水代わりに顔に、コートやリネン類に吹きかけるのもオススメです。ふわっと、優しい香りが広がります。200mlで、2,500円前後で購入できます。

精油を選ぶ際の注意点や、初心者さんにおすすめの精油ブランドも、これまでのLAR記事でご紹介しています。気になる方はこちらも合わせて読んでみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター 小塚美香)

【関連記事】
秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ

A26749024_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle