ダイエット中は要注意!?「食欲が増すツボ」「抑えるツボ」

ダイエット中、「どうしても食欲が抑えられない」「あと3kgなのになかなか落ちない」など、思うようにいかないとストレスが溜まってしまいますよね。ダイエット成功のカギは、消費カロリーより摂取カロリーを抑えること。だけど、これができれば苦労しませんよね。今回は、エステ・リンパセラピストの筆者より、もしかしたらうっかり押しているかもしれない「ダイエットを失敗させるツボ・成功させるツボ」についてご紹介します。

1213machiyama00

 

■ダイエット中は知っておきたい、要注意なツボ2つ

フットマッサージが好きな人は要注意「足三里(あしさんり)」

 右足ひざ小僧の右斜め下、少し凹んだ場所にある「足三里(あしさんり)」というツボ。

20151208machiyama02

左側も同じ場所にあります。このツボは、胃の働きを活発にし、消化機能を改善してくれます。また、便秘や食べ過ぎにも効果があります。しかし、同時に食欲が沸いてくるツボでもあるんです! ダイエット中の人は要注意ですが、足の疲れを解消してくれますよ。しっかり強めの圧で押してください。1日に何度刺激しても大丈夫です。

 

腰痛持ちは、知らずに押している可能性大!

 ウエストのいちばん細いところにある背骨の中心から、上に2本分、左右に指2本分離れたところにある「胃愈(いゆ)」というツボ。

20151208machiyama01

消化促進に即効性があり、胃腸の機能低下や食欲不振のときに効果的。しかし、ダイエット中に押してしまうと逆に食欲を増進させてしまう可能性があるので、注意が必要です。腰痛の人は腰をトントンと叩く動作や、ついつい押してしまうこともありますので要注意です。リラクサロンなどで、腰のマッサージをするときはとくに気をつけたい位置ですね。

 

■ココは押してみて!「食べたい気持ちを抑える」耳ツボ

 ダイエット中は、「食べたい!」という気持ちを我慢している状態なので、気持ちのコントロールも大切ですよね。耳の穴の前に軟骨の突起があり、そのほぼ中央に位置するところに「飢点(きてん)」というツボがあります。

20151208machiyama03

食事の30分前に息を吐きながら少し痛いと感じるくらいの強さで押します。息を吸うときに手を離します。これを3分間行ってみてください。気持ちが落ち着き、食欲をコントロールできるはずです。

いかがでしたか? 食欲を抑えるには、心の余裕や心身のリラックスが、大いに関係しています。身体のツボを上手に活用して、健康的に痩せましょう!
(リンパ・ハーバリスト/ビューティーヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

1213machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle