手抜き厳禁!?「アラフォーが老け見えする」4つのパーツって?

30代・40代女性にとっては、自分の体のエイジングレベルがどの位なのか、非常に気になるところ。肌年齢・体年齢・子宮年齢などという言葉をもありますが、忙しいアラサー・アラフォー女性は、かくれ老化にご用心。今回はエステテシャンである筆者が、日本メナード化粧品のセラピストに、「ココだけは手抜き禁物!」というパーツを4つ教えていただきました。日々のお手入れの参考にしてみてください。

AB180677624

■ 一瞬で見た目の印象を決めるのは、やっぱり「肌」

肌の色、艶、ハリは若さを決める大事な部分です。シミやくすみ、クマのある肌は、老いた印象を与えてしまいます。毎日紫外線を浴び続けると、どうしてもハリを保つコラーゲンなどの真皮成分が壊されて減少し、生成量も減ってくると考えられます。年齢を重ねると、肌の弾力も一気に落ちてしまいます。

 

■ 露骨に年齢が出てしまう!?「目もと」

「目力」という言葉あるように、目もとも、エイジングのレベルが露骨に現れてしまうパーツです。瞳に潤いのある目、ハリのある目は男女限らず魅了されてしまいますよね。それくらい重要なのですが、目もとの肌は、顔のほかの部分に比べてとても薄く、乾燥によるダメージ、真皮の衰え、眼輪筋の衰えにより、シワ・タルミの悩みが現れやすい部位。最も多くの方が悩んでいると言っても過言ではありません。

 

■ 意外と見られてます!「首・デコルテ」

「首やデコルテは服で隠れてしまうから」と気を抜いている方も多いですよね。首やデコルテは靭帯がないため、皮下組織のコラーゲンの網の目が、脂肪細胞を支えることでハリを保っています。加齢によって皮下組織に変化が起こると、深いシワやタルミが現れてしまうのです。見えない部位ほど美しくしているのが美の上級者です。シミやザラツキ、ニキビがあるとちょっと残念ですよね。

 

■ 「髪・頭皮」は若さと健康の象徴

程良いボリューム、艶のある髪の毛は、若さだけでなく健康の象徴でもあります。アラサー、アラフォーになると白髪や抜け毛、パサつきなどの悩みが現れはじめます。髪の毛も加齢とともに細くなっていくため、ハリ・コシが失われ、髪全体のボリュームがなくなっていきます。頭皮が固くなると、臭いやフケの原因にもなるので、注意が必要ですよ。

 

■見た目年齢を若返らせる秘訣って?

さて、このエイジングレベルを下げてしまう4つの部位も、基本的なことではありますが、保湿とマッサージを行うことで、若々しさをキープすることができます。肌や目もと、首・デコルテ、髪のパサつきは、それぞれの保湿がカギ。顔、デコルテ、頭皮は、マッサージによって新陳代謝を促すことができ、血行不良の改善につながります。血色が良くなれば、クマやくすみの解消に、吹き出物やザラツキの改善も期待できますよ。「ヤバッ」と感じたら、保湿とマッサージを見直してみてくださいね。

LARでは、日常の中でできる保湿のコツや、マッサージを多数紹介していますから、お気に入りの方法を探してみてくださいね。
(リンパ・ハーバリスト/ビューティーヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

AB180677624

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle