1つはできるはず!ヤセやすい身体をつくる代謝アップ方法

「冬は痩せやすいって聞くけど、私は太っちゃう」、「クリスマスや飲み会が多くなる12月は楽しいけれど、出費も多いし体重も増えてしまって憂鬱……」そんな方にお届けします。冬に痩せるメカニズムを知って、ダイエットに効果的な生活を心がけるだけで痩せ体質をゲットすることができるんですよ! 今日は、エステ・リンパセラピストの筆者が、冬のダイエットを成功させる「代謝アップ法」をお伝えします。

AB14436555_m

■代謝を上げて痩せやすくなろう!

冬はイベントも多く、食べ物の誘惑もありますよね。また、外が寒くなるので家で過ごす時間も多くなり、脂肪がつきやすくなります。でも実は、冬は体温をキープするために熱を多く作るようになっており、基礎代謝が上がる時期です。 脂肪を燃焼させようと急に運動すると、かえって身体を痛めてしまうこともありますので、突然運動するよりも基礎代謝を上げる方がダイエットに効果的です。

 

■どれかはできるはず!代謝アップ法4つ

1.食事中は、「温め食材」を食べる

冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎは内蔵を冷やしてしまい、便秘や下痢の原因になります。代謝も下がりやすくなるので気をつけましょう。どうしても冷たい飲み物を飲みたいときは、せめて氷抜きなどにするといいでですね。この時期は、身体を温めると言われる食事を積極的に摂るようにすることが、代謝アップのコツです。

 

2.外出時は、「首」を守る

首まわり、手首、足首など「首」がつく部位は皮膚が薄く、温めると血流がよくなり身体が温まると考えられています。足首には冷えの原因を改善してくれる「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボが、首の後ろにも、冷やすと風邪を引きやすくなる「風池(ふうち)」と呼ばれるツボがあります。とくに首周りは大きな血管があるので、ここを温めるだけでも体温を維持できますよ。

 

3.日中には、ながら運動

寒い冬は脂肪や筋肉も固くなっています。ですから、突然運動をし始めると身体を痛めてしまうことがあります。運動不足の人は、軽いエクササイズやストレッチから始めてみてください。そこでおすすめなのが、お金をかけずにできる「ながら運動」。スクワットやつま先立ち、椅子に座るときは背もたれに寄りかからない、など待ち時間やオフィスでもできるエクササイズで毎日コツコツ行って習慣にしていきましょう。

 

4.夜は、ゆっくりお風呂に浸かる

エステにおいて、脂肪を燃やすために欠かせないのが「あたため」。まずは、しっかり身体をあたためて脂肪を分解燃焼しやすい状態をつくります。冬はとくに冷えるので、自宅ではバスタイムの時間が大切になります。シャワーで済ませてしまわずに、お風呂にお湯をためてしっかり温めましょう。疲労回復やリフレッシュ、ストレス解消にもなり、免疫力も高まりますよ!

 

■さらに代謝を上げたい人は「酵素ドリンク」を

食事をする際に使われるエネルギー代謝が落ちると、消化不良や腸内に老廃物が溜まって、便秘を引き起こしやすくなります。老廃物が溜まると血液がドロドロになり、身体が冷え、燃えにくい体質に。そんな身体をサポートしてくれるのが酵素ドリンク。酵素については、薬を使わない薬剤師として活躍されている、宇多川久美子先生にコメントをいただきました!

「酵素は消化、吸収、代謝、排泄の機能に大きく関わっていて、健康を維持するためには必要不可欠な存在です。とくに代謝の働きをする酵素は、カロリーを消費するために重要な役割をします。スリム体型を維持していくためには基礎代謝を上げ、代謝機能の衰えを予防、改善するには酵素を上手に取り入れていくことが大切になってきます。」

いかがでしたでしょうか。冬のダイエットを成功させるには、代謝を上げることが大切です。身体をあたためて代謝が良くなれば、美容美肌にもいいことがあり一石二鳥ですよ。LARでは、過去記事でも代謝を上げるドリンクや食材、エクササイズを多数紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。
(リンパ・ハーバリスト/ビューティーヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【取材協力】
一般社団法人国際感食協会 宇多川久美子

AB14436555_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle