LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美肌&美腸に!美容家おすすめ「味噌汁のちょい足し具材」3つ

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日本食を代表するお味噌汁。健康に良い発酵食品ということもあり、意識して食べている女性が多いのではないでしょうか。それだけに、「代わり映えしない」「味に飽きる」という悩みもあるはず。そんな時は、普段のお味噌汁に「ちょい足し」してみましょう。新しい味を発見できて、アンチエイジングのお手伝いもしてくれる、一石二鳥の具材をご紹介します。

A37737730_m

■抗酸化成分たっぷり「トマト味噌汁」

 旨味成分のタンパク質、「グルタミン酸」や抗酸化成分の「リコピン」を多く含むトマトは、主役にも脇役にもなれる万能野菜。使い方は簡単で、出汁代わりにお味噌汁に入れるだけ! 味噌の甘みとトマトの酸味、そして旨味が絶妙なハーモニーを生みます。トマトを温めて食べることができるため、寒い時期にも重宝します。

 

■身体を温めるホットスパイス!「しょうが味噌汁」

 寒い冬の時期に活躍する「しょうが」は、身体を温める「ショウガオール」が多く含まれる乾燥しょうがや、ジンジャーパウダーを使うのがポイントです。包丁を入れる必要もないので、お手軽でとっても便利。味噌の腸内細菌活性化に、しょうがの消化機能促進が加わって、エイジング女子にとっては嬉しいちょい足し具材のひとつです。

 

■発酵×発酵で腸の大掃除「塩麹味噌汁」

 数年前から流行している塩麹は、どんな料理にも使える万能調味料として、筆者の冷蔵庫にも鎮座しています。出汁を使わなくても、塩麹をお味噌汁に加えるだけで十分深い旨味が生まれるので、サッと作りたいときはとっても便利。発酵食品同士の最強タッグで、腸を大掃除してくれる頼もしいエイジング具材です。

いかがでしたか? ぜひ今日から、マンネリ化したお味噌汁のちょい足しで、毎日の食卓に新しい風を吹かせてみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
美肌・美腸に!毎日続けたい「酒粕ヨーグルト」「はちみつ甘酒」レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

A37737730_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事