簡単・おいしい・栄養満点!「ごはんのお供」レシピまとめ

新米が出揃ったこの時期。美味しいご飯にはやっぱり、ふりかけなどの「ちょいのせお供」が欠かせません。ごはんソムリエの筆者が、ごはんにのせて食べたい「ちょいのせ具材」の簡単レシピを4つご紹介します。自宅でも簡単に作れるので、ぜひお試しあれ!

A40322590_m

■とろりとした深いコク!寝かせるだけ「卵の味噌漬け」

 味噌の発酵パワーと卵の漬け込んだ旨みがマッチして、ご飯がすすみます!

作り方(卵1個あたりごはん1膳分)

 卵黄に味噌を塗り、ラップを掛けて冷蔵庫に1日寝かせます。翌日には味噌が漬かって、卵の周りに膜を貼りますので、ごはんの上に乗せて崩しながら食べると美味!

 

■ご飯に合わないわけがない!「高菜柚子胡椒」

 簡単だけど、ピリッとした柚子胡椒の風味が高菜の味わいを引き立て、ご飯に合います!

作り方(高菜30gあたりごはん2膳分)

 熱したごま油で高菜を軽く炒める。冷ましたら、柚子胡椒をお好みの量入れて、出来上がり!

 

■オリーブオイルの優しい味わいが食欲をそそる「明太きのこ」

 オリーブオイルがマイルドに仕上げてくれるので、小さなお子さまでも美味しく食べられます。

作り方(きのこ50gあたりごはん2膳分)

 えのきやエリンギなどの好みのきのこを小さめにカットしたらオリーブオイルを振り、レンジで3~5分温め、2分間ラップを取らずに蒸らす。その後、軽く水を切ったら、お好みの量の明太子を和える。

 

■美容効果も期待できる!栄養満点「ぬかふりかけ」

 玄米食が苦手という方にオススメなのが、ぬかを使ったふりかけ。ご飯にぬかふりかけを掛けて食べることで、玄米を食べているのと同じような栄養価を摂ることができます。

作り方(ごはん2膳分)

 フライパンに米ぬか(30g)を入れて軽く炒ったら、白ごま大さじ2、黒すりごま大さじ1、かつお節小パック1袋、塩小さじ1/2、砂糖ふたつまみを入れ、さらに炒ります。米ぬかがきつね色になったら完成です。

簡単にできるご飯に合うおかず。自分で作ったらもっと美味しくいただけるはず。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵)

【関連記事】
お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

shibuya

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle