冬太り&冷え撃退!?海外セレブも注目「MATCHA」の魅力3つ

アサイーから始まったスーパーフードブーム。今、スーパーフード先進国アメリカを中心に注目されているのが「MATCHA(抹茶)」です。茶葉を捨ててしまう緑茶と違い、茶葉を粉にして飲む抹茶には、緑茶の10倍以上の栄養素が含まれているのだとか。ダイエットや冷え、もちろんアンチエイジングにもサポートしてくれるんです!

AB21988616_m

■MATCHAが注目される理由3つ

(1)食トレンドの最前線!?ホールフードの「MATCHA」

 東洋医学では「一物全食」と呼ばれる、根っこも皮も食べ物の全てを食べることで大地の恵みを頂く、という考え方があります。最近では「ホールフード」という考え方が、欧米でも同様に広まっています。茶葉を粉にする抹茶は、今まで捨ててしまっていた部分も、丸ごと頂けるホールフードな飲み物といえます。

 

(2)ストレス社会の強い味方

 抹茶に多く含まれるお茶の旨み成分「テアニン」は、緊張した状態の「交感神経」優位の状態から、身体がリラックスした「副交感神経」優位の状態を作り、気持ちをリラックスさせる効果があります。また、副交感神経が働くことで、手足など末梢部の血管が開き、血流がスムーズになりますから、手足の冷え対策にも◎。

 

(3)ダイエットにも

トクホ(特定保健食品)としても認定され、緑茶に含まれる「茶カテキン」。茶カテキンには脂肪を分解・燃焼させる酵素を活性化させ、脂肪分解酵素の働きを抑えて、脂肪の吸収を抑える働きがあります。摂取したばかりの脂肪にも、既に蓄積された脂肪にも効果を発揮しますから、ダイエットにはもってこい!

 

■意外と万能!抹茶の使い方

お湯や水に溶いて飲むだけでなく、ホットミルクや豆乳にも相性抜群です。またヨーグルトやアイスクリーム、ドレッシングや塩などに混ぜても、美味しく抹茶を摂ることができますよ。

手間いらずで取り入れられる抹茶。冷えや冬太りが気になる方は、抹茶を習慣にしてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
美肌・美腸に!毎日続けたい「酒粕ヨーグルト」「はちみつ甘酒」レシピ

【参考】
抹茶の成分 – 辻利
抹茶の効能・良い抹茶の条件 – あいや
お茶の成分 – 松鶴園
脳機能に影響を与える食品成分 – 全国発酵乳乳酸菌飲料協会
L-テアニンに冷え性改善効果が期待 – 太陽化学
茶カテキン脂肪消費のはたらき – 花王
「ガレート型カテキン」とは? – 伊藤園

AB21988616_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle