クマ・肩こり和らぐ!「疲れ目の温めケア」方法&アイテム3つ

最近、目の疲れや頭痛、肩こりに悩まされてはいませんか? PCやスマホの長時間利用や、寒さからくるものかもしれません。そんなときは「温めケア」が有効! 目の疲れの緩和だけでなく、眼精疲労からくる頭痛や肩こりを和らげてくれる効果が期待でき、血流の悪さによるくまの解消や、筋肉がほぐれて表情までも和らぎますよ。今回は、目元を温めてケアをする温めケアアイテムを、3つご紹介します。

AB27803929_m

■手軽にできる!目元の「温めケア」アイテム3つ

アロマ好きさんにもおすすめの、アイテムを活用した「ひと手間ケア」も、ぜひチェックしてみてくださいね。

・めぐりズム 蒸気でホットアイマスク/花王 ( 使い捨てタイプ)

袋を開けるだけで温まる便利な使い捨てタイプ。約40℃の心地よい蒸気が10分程度続きます。耳かけもピタッとフィットしてくれるので、お昼休憩に椅子に座りながらでもOK。使い捨てなので、メイク汚れも気にせず使えます。筆者も旅行の際には必ず持参しています。
(5枚入り/14枚入り 各オープン価格)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life&Aging Report

ひと手間ケア

ラベンダーセージや完熟ゆずの香りなど香り付きのものもおすすめですが、あえて無香料タイプを購入。その日の気分に合わせて好きな精油を1滴、肌に当たらない外側中央の深い切れ目の上あたりに落とします。ふわっと優しい香りが広がり、毎回違う香りを楽しめますよ。

 

・夢みるここちのほっとリフレ/ピップ (繰り返し使用タイプ)

電子レンジで20秒、500Wでチンすると、温かさが5分程度持続。約200回程度繰り返し使えて経済的! 使い捨てタイプにはない、ほどよい重みもあり、カバーが洗えるのもポイント。筆者はおやすみ前や冷えを感じた時に、自宅で使用しています。
(オープン価格)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life&Aging Report

ひと手間ケア

お風呂から出て時間が経って冷えが気になった時や凝りや生理前の不調時などには、横になり腰や下腹部を温めます。目元だけでなく、ピンポイントで手軽に身体を温められ便利!

 

・セルフで作れる!「0円」温タオル

お手持ちのタオルでも、温めケアができますよ。

1. タオルぬるま湯に濡らしたら、水気を絞ります。
2. ラップを巻いて電子レンジで1分程度(500Wの場合)温めたら完成。

機械や水の含み具合により温め時間も異なるので、必ず温度を確認し、一度広げてから肌にのせましょう。火傷など温度には十分に注意してくださいね。 忙しくて時間がとれない方は、お風呂のお湯でタオルを浸して目元に乗せましょう。タオルが冷えてきたら、お湯で繰り返し温めてくださいね。

ひと手間ケア
洗面器に1リットルほどのお湯を張り、1~2滴ラベンダーやカモミール等の精油を入れて、よく混ぜてからタオルを浸しましょう。香りの効果もあり、もっとリラックスできますよ。

いかがでしたか? 今回は、ドラックストア等で気軽に手に入るアイテムや、家にあるタオルを使用するものを3つをご紹介しました。寒さが厳しくなるこれからの季節に向けて、まずは安眠もサポートできる目元の「温ケア」を始めてみませんか?
(ホリスティックビューティインストラクター 小塚美香)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

【参考】
めぐりズム 蒸気でほっとアイマスク – 花王
夢みるここちのピップほっとリフレ – ピップ

AB27803929_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle