体型別!30代・40代流「上質ニット」選び方&着やせコーデ

本格的に寒くなり、ニットを着る機会が増えてきましたね。今年はシンプルで上質なニットがトレンド! しかし、シンプルだからこそ体型が目立ってしまうのが気になるところ。今回は、体型カバーができるニットの選び方をご紹介します。

image

■サイズ選びはジャストサイズを

ニットは着膨れが心配になり、つい小さめサイズを買ってしまいがちです。しかし小さめのサイズを着ると余計太って見えることがあります。身体にジャストサイズのものを着ることが大事です。特に気になるパーツは身体から離れるデザインを選んだ方が良いでしょう。

 

■お腹周りが気になる人は、ペプラムでポイントを

30代・40代になると気になるのはお腹周り。ぴったりしたニットはお腹周りを強調してしまいます。そんなお腹周りをカバーするのは流行りのペプラムにドレープのあるタイプのニット。
着丈がコンパクトなものであれば、おばさんぽくはなりません。必ずボトムスはすっきりしたタイプのものを選び、着やせ効果を狙いましょう。

20151101higuchi01

 

■二の腕周りはケープニットでカバー

 30代・40代になると、二の腕周りも気になってきますよね。そんな時は流行りのケープニットでカバーしましょう。

ケープニットでなくても、袖がフレアなものだとカバーができます。こちらも手首周りはシャツや薄手のカットソーなどですっきり見せることが大切です。

20151101higuchi02

 

■肩幅の悩みは衿ぐりでカバー

いかり肩やなで肩などの悩みがある方は、衿ぐりの選び方に気をつけると良いでしょう。わかりやすくタートルネックで説明します。

 

いかり肩さんは「衿にボリュームのあるタートルネック」を

いかり肩の人は衿にボリュームがあったり、衿ぐりが広く深いも方が肩幅の広さが気にならなくなります。また、ぴったりとしたタートルネックなどもマフラーやスカーフを巻くといいでしょう。

20151101higuchi03

 

なで肩さんは「衿ぐりがフィットするタートルネック」を

 なで肩は衿ぐりが詰まったタートルネックや、衿ぐりのあきが深くないものを選んだ方が良いでしょう。ボートネックタイプのものもよく似合います。また、袖にボリュームがあるタイプのニットもなで肩の方にはぴったりです。

20151101higuchi04

いかがでしたか? ニットはなかなか試着しづらいアイテムですが、自分に似合うかどうか、やはり試着することが重要です。是非、流行のニットをうまく着こなして、体型カバーも叶えちゃいましょう。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
30代・40代流ガウチョパンツ×ブーツ・スニーカーの靴コーデ

【参考】
ONWARD CROSSET

image

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle