LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美容家も常備!秋野菜で簡単「ビューティーおやつレシピ」3つ

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

のんびり過ごす週末の午後、美味しいおやつがあるだけで幸せな気分になれるのが女心。そしてどうせなら、ヘルシーで簡単に作れるものだとさらに嬉しいですよね。秋冬はおやつにピッタリのお野菜が揃うとき。お家にあるお野菜で作る、美味しい・ヘルシー・簡単と三拍子そろった、おやつレシピを紹介しちゃいます!

20151023eriko02

 

■ココナッツオイルで焼く「大学芋風おやつ」

さつまいもは「丸ごと」「時間をかけてゆっくり」茹でることで甘みが出ます。食物繊維やビタミンCたっぷりのさつまいもは、美味しくキレイになれる野菜の代表選手。筆者は常に常備していますよ!

20151023eriko01

用意するもの(1〜2人分)

・さつまいも 中1本
・はちみつ・みりん・しょうゆ 各大1(合わせておく)
・ココナッツオイル 適量
・黒ごま 適量

作り方

(1)さつまいもを丸ごと、串を刺してみて柔らかくなるまで茹でる。
(2)さつまいもが冷めたら、輪切りにする。
(3)ココナッツオイルで表面だけカリッと焼く。
(4)(3)に合わせておいた調味料を入れてからめる。
(5)黒ごまをふりかけて出来上がり。

 

■さといもで作る「モチモチお焼き」

ぬめり成分のムチンとガラクタンは、お腹を掃除してくれる貴重な食物繊維。美味しいおやつで便秘解消できれば嬉しいですよね。でんぷん質が豊富なので、ご飯の代用としても大活躍する一品です。

20151023eriko02

用意するもの(1〜2人分)

・さといも 中3個ほど
・はちみつ・みりん・しょうゆ 各大1(合わせておく)
・片栗粉 少々

作り方

(1)さといもの皮をむいて、串を刺してみて柔らかくなるまで茹でる。
(2)柔らかくなったさといもを、麺棒などでつぶして片栗粉を混ぜる。
(3)適当な大きさに丸めてお焼き型にする。
(4)少量の油で両面を焼いて、合わせておいた調味料をからめて出来上がり。

 

■かぼちゃの種で「ポップコーン風おやつ」

植物の種は例外なくたくさんの栄養素を含んでいます。かぼちゃの種も同様、豊富なビタミンやミネラルを含むのに捨てるのはもったいないですよね。塩メープルナッツのような食感と味わいを楽しんで!

20151023eriko03

用意するもの(量はお好みで)

・かぼちゃの種 適量
・ココナッツオイル 少々
・メープルシロップ 少々
・塩 少々

作り方

(1)かぼちゃの種を出して、しっかりと水で洗う。
(2)水気を少しふきとったら、耐熱皿に乗せてラップをし、つまようじで穴をあける。
(3)(2)をレンジで15分ほどチンして柔らかくする。
(4)(3)の水気をとり、フライパンをゆすりながらココナッツオイルで焼く。
 ※種が飛び跳ねるので、入れたら蓋をしてください!
(5)焼き色がついてきたら塩を入れてメープルシロップを回しかき混ぜ、そのまま冷まします。
(6)(5)が少し固まってきたら、皿に盛り付けて出来上がり。

この季節ならではの野菜は、美味しいおやつに変身するばかりか、お腹もしっかり満足させてくれる頼もしい存在。活用しない手はありませんね。

(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
夜に食べても大丈夫!アンチエイジングに◎な「夜おやつ」3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20151023eriko02

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事