トマト缶やジュースで簡単ぽかぽか!ダイエット朝食レシピ3つ

朝は冷え込むようになり、温かい朝食が恋しい季節になりましたね。寒い季節は、体温を維持するために、身体はエネルギーを消費するため、食欲の秋といわれるように、食欲が増加してしまう季節でもあります。ですが、エネルギー消費がUPするということは、ダイエットに最適な季節ということ! 身体の仕組みを利用してエフォートレス(頑張りすぎない・努力を要しない)なダイエットにおすすめの朝食レシピをご紹介します。

A44753071_m

■エフォートレスなダイエットをサポートする朝食の作り方

(1)体温を上げる

朝は、一日のなかで一番体温が低い時間帯です。体温が1℃上がると基礎代謝が13%UPすると言われていますから、身体を温める食材を食べましょう。

 

(2)体内時計をリセットする

私たちの身体に備わっている体内時計は24時間では動いていないため、毎朝のリセットが必要です。このリセットがしっかりできていないと、体内時計がずれて、糖や脂質の代謝が悪くなり、太りやすい体質になってしまうそうですから、胃腸を動かして、体内時計をリセットしましょう。

 

(3)タンパク質・食物繊維を摂る

 朝に、高タンパクなものを食べることで、1日に感じる空腹感が抑えられることがわかっています。また、食物繊維には、次に食べる食事の糖の吸収を穏やかにする働きや、食欲に関するホルモンを抑えて満腹感を高める働きがあることがわかっていますから、朝に食べて無駄な食欲をコントロールしましょう!

 

■トマト缶・トマトジュースで簡単ダイエット朝食レシピ3つ

(1)ジンジャーヨーグルトトマトスープ

 トマト水煮缶にすりおろした生姜を加え、しっかり温まったら、火を止めて、ヨーグルトをお好みで加え、塩・コショウで味を調えて出来上がり! 朝に10gの生姜を摂ることで、その後3時間にわたりエネルギー消費がUPするそうですよ。

 

(2)チーズトマトポリッジ

オートミールをトマトジュースで煮込み、仕上げにチーズを加えて出来上がり! β-グルガンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれたオートミールに、高タンパクなチーズを加えることで、腹持ちがグッとUP!

 

(3)ホットトマトレモネード

 トマトジュースを温め、レモンを絞り、お好みでハチミツを加えます。レモンの香りには、体内時計をリセットする働きがありますから、疲れが抜けていない朝にもおすすめです。

無理なダイエットは、お肌や髪に悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。身体のリズムを利用してエフォートレスにダイエットしたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

【参考】
季節によって食欲がアップするのはなぜ? – からだカルテ
10gの「朝ショウガ」で3時間も体ポカポカ – 日経ウーマンOnline
レモンで体内時計をリセット! – ポッカサッポロ
大麦の健康情報 – 大麦食品推奨協議会
高タンパクの朝食を摂ると1日に感じる空腹感が減少する – 現代ビジネス
※「時間ダイエット手帳」でやせる! – 日経ヘルス 2015年2月号

A44753071_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle