解消したい!「黒ずみ・たるみ毛穴」パーツ別の原因・ケア方法

歳を重ねるとともに気になる「毛穴の黒ずみ・たるみ」。その原因は、毛穴から分泌される皮脂や古い角質が詰まって酸化したものや、表情筋が衰えてたるんだものが大半です。一口に毛穴と言っても、人によって気になる部位は異なりますよね。今回は、気になる毛穴の部位別に、原因や解消のためのケア方法をご紹介いたします。

A255513133

■「Tゾーン」に毛穴が多いタイプ

このタイプは皮脂と角質が混ざり合って、角栓となっているのが原因です。ですから、お手入れには酵素が配合された洗顔料やスクラブ剤を使ってみましょう。また、角栓をクレンジングオイルなどを使って溶かし、角栓を取り除いたり、貼ってやさしくはがすピールオフタイプのパックや、クレイパックをオススメします。LARでも「美容家オススメの角質オフアイテム」をご紹介していますから、関連記事や過去記事からぜひご覧ください!

手強いざらつきには「重曹パック」がオススメ

それでもざらつきが気になる時には、重曹1:水9の割合で薄めた重曹水を含んだコットンを含ませ、数分間パックしたあと、パッティングをするのがオススメです。

 

■「頬」の毛穴が気になるタイプ

頬の毛穴が気になるという方は、コラーゲンなどの減少によって真皮の老化が起こり、毛穴を支えきれなくなることが原因です。これには、お肌のたるみを改善することが一番。不足している成分を化粧品などでしっかりと補い、丁寧な保湿を心がけるといいでしょう。また、表情筋を鍛えるのも有効。フェイスマッサージや、リンパ、血液の流れを良くするマッサージなどを行うといいでしょう。LARではたるみに有効な顔ヨガやマッサージ方法もご紹介していますから、過去記事や関連記事からチェックしてみてくださいね。

 

■「顔全体」の毛穴が気になるタイプ

オイリー肌で、赤ら顔の人に多いのがこのタイプ。顔全体の毛穴が気になるという方は、皮脂の過剰な分泌が原因です。ですから、このようなタイプの方は、普段から脂取り紙などを持ち歩き、過剰な皮脂を軽く拭き取りましょう。また、きちんとした洗顔も大事。もっときっちりケアしたいという方は、皮脂をおさえてくれる作用のあるビタミンAや、ビタミンCの豊富な食品を積極的に摂取して、日頃から対策することが大切です。
(美容ライター 長岡宏江)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
プロ直伝!正しいコットンスキンケア – unicharm
鼻の下や鼻の毛穴・黒ずみ対策をまとめました – Dr.Ci:Labo
※日本化粧品検定協会公式 1級・2級対策テキスト『コスメの教科書』(主婦の友社)

A255513133

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle