LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

シワ・シミに負けない!ハリ肌キープの秘訣「ヒート・ショック・プロテイン」とは

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お仕事や家事、育児にと、日々ストレスの耐えない30代・40代の大人女性。忙しくともエネルギッシュに生活していくモチベーションのためにも、若々しくハリのある肌をキープしたいというもの。そこで、今回はシミやシワに負けない肌を保つためのヒントをお届けします。

1015LAR01

■肌のコラーゲンも「ストレス」でヘトヘト?

「美肌を保つならコラーゲン」とは誰もが知る事実。ですが、活性酸素や紫外線など、毎日の生活ストレスによって、肌のコラーゲンもダメージを受けていることをご存知ですか? そしてそのダメージはシミやシワの原因に! でも、その一方で、私たちの体には、傷ついた肌を自ら回復しようとする力もまた備わっています。日々蓄積されるダメージがシミやシワとなって現れる前に断ち切ることができるよう、忙しい大人女性こそ、この力を充分に発揮させたいものですね。

 

■あなたの肌にも!コラーゲンの救世主は「ヒート・ショック・プロテイン」

傷ついたコラーゲンを修復したり、その産生を助けてハリのある肌を保ってくれたりと、肌が自ら美しくなろうと働くにあたってヒーローのように頼もしい存在が「ヒート・ショック・プロテイン」(HSP)。その名のとおり、42℃の熱など適度な刺激で増えることから、こう呼ばれます。ドモホルンリンクルで知られている再春館製薬所が、いち早く着目した肌のタンパク質です。

1015LAR02

■スーパータンパク質「ヒート・ショック・プロテイン」を増やす方法2つ

1.「入浴」で増やせる!でも加齢には逆らえない?

ヒート・ショック・プロテインの量は歳を重ねるごとに減少し、これがシミやシワの一因にもなるようです。この量を増やす方法が「入浴」。42℃のお風呂に5分程度(熱すぎるという方は40℃で15〜20分程度)浸かると1〜2時間で増え始め、6時間後がそのピークに! エイジレスな魅力に定評のある某アラフォーモデルも「42℃入浴が習慣」と公言していたことからも、美肌と入浴は切っても切れない関係にありそうですね。

 

2.植物のパワーで増やせるヒート・ショック・プロテインがある!?

再春館製薬所によれば、数あるヒート・ショック・プロテインの中でも、肌にとって特に重要なのは紫外線からお肌を守りシミを防ぐ「HSP70」、コラーゲンの質を高めハリのある肌をつくる「HSP47」、活性酸素を無害化しお肌をサビにくくする「HSP32」の3つ。それらを活性化する働きをもつチューリップ、グアバ葉などの植物エキスも発見されています。ヒート・ショック・プロテインに着目したスキンケアアイテムを選べば、ダメージに負けない肌づくりの強力な味方になってくれそうですね。

いかがでしたか? 毎日の入浴はもちろん、ヒート・ショック・プロテインに着目したスキンケアアイテムを取り入れたお手入れを心がけて、シワやシミに負けない肌をキープしましょう!
(LAR編集部)

ヒート・ショック・プロテインに着目した基礎化粧品はこちら

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

1015LAR01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事