LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

タイプ別に見極めて!小じわ・深いしわ・たるみのケア方法

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年齢を重ねると気になってくるのが、しわやたるみ。でも、そのしわやたるみにもタイプがあるのをご存知でしたか? あなたもきちんとした、しわやたるみのタイプを知って、きちんとしたお手入れ方法を学びましょう。

20151019nagaoka01

■小じわには「うるおいチャージ」

 小じわは、とくにこの時期、目元や口元にできやすいもの。原因は、この時期は乾燥しているため、うるおいが不足しがち。お肌にうるおいがなくなると、肌表面のしなやかさが失われ、表情の動きに沿って、表面にしわができてしまいます。こんな時は、保湿力の高い化粧品を使用し、肌の表面が乾燥しないよう保湿するのがポイントです。もし、お肌の表面が硬い場合は、ピーリングなどで角層をケアしてから保湿してあげるといいでしょう。

 

■深いしわには「コラーゲン」

目尻や口元、眉間や額にできやすい深いしわ。この原因は、お肌のコラーゲン繊維やエラスチン繊維がダメージを受け、肌の内部から柔軟性や弾力性が失われることで起こっています。こんな深いしわのお手入れには、コラーゲン繊維やエラスチン繊維を修復させることがポイント。化粧品で言うなら、レチノールなどが含まれたものを使うといいでしょう。

 

■たるみは「表情筋を鍛えて」

 年齢を重ねると気になってくるのがたるみ。とくに頬は、厚い脂肪があるので、ほうれい線などが目立ちやすいところ。たるみは、皮膚よりも深い部分にある筋肉が衰えることによって、脂肪が支えきれなくなり、肌全体が下がってしまうことに原因があります。解消のためには、表情筋を鍛える体操などを取り入れてみましょう。たとえば、ごはんを食べる時によく咀嚼をする、顔のマッサージをするなどして代謝を高めるケアを取り入れてみてください。
(美容ライター 長岡宏江)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

【参考】
品川スキンクリニック美容皮フ科 しわのくすみ・しわ特集
※日本化粧品検定協会公式 1級・2級対策テキスト『コスメの教科書』

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle