LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

朝のくすみに喝!タイプ別メイク前の解消法3つ

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

朝起きて、鏡を見て自分の顔がどんよりとくすんでいたらどうしますか? 慌てる前に、まずは自分のくすみの原因を知ることが大切。そして、それぞれの原因に対して適切な対処法に取り組むのがベストです。今回は、朝くすみの原因と、その対処法についてお話ししたいと思います。

sensual and fresh

■あなたはどのタイプ? 朝のくすみの原因

起床後発覚するくすみ。考えられる原因は主に下記の3つです。

・代謝不良…代謝不良により溜まった角質によって現れたくすみ。無理なダイエットで栄養バランスが悪くなっている人や、運動不足の人に多くみられます。

・乾燥…肌の潤いが足りず、透明感を失っている状態。清潔な手で肌に触れ、吸い付くような感触が得られない場合は、乾燥によるくすみの可能性大です。

・血行不良…血の巡りが悪いことによってくすんでいる状態。冷え性の人や夏に冷たいものをよく摂取している人、エアコンの冷風の影響を強く受けている人は要注意です。

 

■それぞれのくすみの解消法

目覚めてから行うのに最適なくすみ解消法をご紹介します。

・代謝不良…角質ケアを行うことがおすすめ。忙しい朝におすすめなのはクレイパック。垂れずにすぐ乾いていくタイプのクレイパックなら、歯を磨きながらでも使用することができるので、忙しい朝でも手軽に取り組むことができます。

・乾燥…セラミドなど保湿成分が配合されたコスメを使用する他、オイルなどでマッサージを行ってからスキンケアを始めるのも効果的です。

・血行不良…ホットマスクを使用したり、スチーマーをあてながらマッサージを行うのが効果的です。肌に血色が蘇り、化粧のりもよくなります。

 

■まとめ

忙しい朝だからこそ、自分のくすみのタイプを素早く判断し、適した対処法をとることが大切です。対処法を施しても顔色が冴えないように感じられる時には、ピンクやパープルの下地を使用するなどメイクでフォローするのがおすすめです。疲れや体調の悪さを感じさせない、透明感のある肌でぜひ朝のスタートをきっていただきたいと思います。


(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】

笑顔で「小ジワ」目立ってない?徹底すべきアイケア方法

【参考】

※小林ひろ美著『お肌の悩みオール解決!小林ひろ美のすべてがつまった美肌図鑑』(ワニブックス)

※吉木伸子著『一生ものの美肌をつくる正しいエイジングケア事典』(高橋書店)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

sensual and fresh

Related Article関連記事

最新の記事