LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

これで伝わる!関係を円滑にする「人のほめ方」ポイント3つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

仕事はもちろん、家庭や友人関係を円滑にする1つの手段として、「相手をほめる」というコミュニケーションがあります。自分はほめているつもりでも、「実は相手に伝わっていないのでは?」などと思う時はありませんか? 今回は、「きちんと伝わるほめ方」について、成人教育学博士の本間正人先生に伺いました。

AB189705860

■「具体的なポイント」を指してほめる

人は「すごいですね」「やりますね」など、漠然とほめられても、どこをほめられているか分からないもの。誰にでも、どんな場合にでも通じるだけに、根拠があいまいで相手も「なぜほめられているのだろう?」と腹落ちできません。「表面的なことしか見ていないのでは?」と思われてしまう可能性もありますから、なるべく避けることをオススメします。なぜ「すごい」と感じたのか、どんな取り組みが優れているのか、具体的なポイントを指してほめましょう。

 

■その人なりの努力や成長を認めていることを伝える

実は、人によってほめられて嬉しいポイントは違うのだそう。また、それは状況によっても変わります。その人の性格や場面に応じた言葉でほめると、相手の心に響きやすくなります。一方で、自身の「押し付け」や「決め付け」が入ったほめ方には注意が必要。自分からみて「すごい」「よくやっている」など思っていても、ほめられた本人は、そのように思っていない場合があり、結果的として相手の心に響かないコミュニケーションになってしまうのです。

 

■「過程まで見ている」ことが伝わるようにほめる

もしかすると、これが一番嬉しいほめ方かもしれません。ついつい結果だけにフォーカスしがちですが、たとえよい結果が得られていなくても、その本人にとっては努力の結晶かもしれないからです。某CMで篠原涼子さんも演じていましたが、過程をほめてくれるということは、その人をきちんと見ていた証。結果の裏にある努力や、前と比べた成長ぶりを観察してほめると、相手もやる気になるというものです。

誰だって、人間関係は円滑にしたいもの。ほめられて嬉しくない人などいません。「きちんと伝わるほめ方」を身に付ければ、相手はもちろん、あなたにとってもよい結果を生むかもしれませんよ。
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
 シングルアラサー必見!恋愛運UP「魅惑のフルーツ&香り」4つ

【取材・参考】
Learnology,Co.Ltd

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

AB189705860

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事