山本浩未さん直伝!30代・40代にも◎トレンドカーキアイメイク

LARでもファッション記事やメイク記事で度々ご紹介している、トレンドカラーの「カーキ」。今回編集部は、”セルフユースで実現するプロの仕上がり”を追求するビューティーツールブランド「KOBAKO」の新商品発表会を取材。登壇された人気ヘアーメイク山本浩未さんによる、30代・40代にもぴったりのカーキ色を取り入れた、抜け感アイメイクをご紹介します。

A256983613

■美人の条件は、顔の「白黒赤」

山本さんによれば、「顔に3つの色があれば、誰でもメリハリのある顔立ちになれる」そう! ちなみにその3色とは、
・明るいお肌の「白」
・瞳まわりの「黒」
・頬やリップの血色の「赤」
のこと。「どんな美人でも、年齢を重ねて大人になれば顔がくすみ、白黒赤がぼやけてくるんです。すると顔がぼやけて、メリハリがなくなってくる」と山本さん。自分に足りないカラーは、メイクで補うことが必要なんですね。山本さん流、明るいお肌を作るブラシを使ったベースメイク術は、関連記事からぜひご参照ください!

 

■ブラシを使って時短!トレンドカーキのアイメイク

「とりあえずカーキを身に着けておけば今時に見えます」と力説されていた山本さん。ブラウンやグレーといったダークカラーのアイシャドウを愛用の方はカーキにチェンジするだけで、今時顔になれるとのこと! 山本さんは今回、「ベージュ×カーキ」の2色使いを披露。ブラシは「アイシャドウをラインのようにものせやすく、ブレンドにも使いやすい」形状のブラシを使うのがおすすめだそう(画像:KOBAKO「アイシャドウブラシB」税抜2,200円)。

アイシャドウB

 

ベージュでふわりと明るい目周りに

1.アイシャドウをブラシ全体にとったら、ブラシを持った手首を、逆の手の拳で軽くトントンと叩いてなじませます。
2.まぶたの中央、丸みを帯びた部分からスタート。目尻、中央、目頭と、ワイパーのように乗せていきます。このとき、「年齢を重ねた方は、眉下までのせると使うと顔がボケるので、狭めにのせるのがポイント」だそう。
3.ブラシの先端にもう一度アイシャドウをのせ、手首をトントン叩いてなじませます。
4.下瞼の目頭から目尻、目尻から目頭の順にアイシャドウをのせたら、フワッと明るい目周りの完成!

カーキを影色に取り入れて、秋らしい目元に

5.続いてベージュ同様、ブラシにカーキ色をとり手首をトントンと叩いてなじませます。
6.睫毛の生え際からアイラインをひくようにして、目尻から目のキワにカーキをのせます。
7.ブラシの面を使って、境目をぼかすようにアイシャドウをなじませると、自然なグラデーションに!
8.下瞼にもカーキを入れると、こっくりとした秋らしい目元に! ブラシの先端にカラーをとり、目尻から黒目の下の中央にかけてアイシャドウをのせます。

 

■一重さん・小さ目さんのアイメイクのポイント

形によって、重点の置き方を変えるとパッチリ目元に!「一重の人は縦方向を意識して! 黒目を強調するようにボリューム感を出すアイメイク、目が小さい人は、横方向にボリュームを出すメイクがおすすめです」と山本さん。

「瞳まわりの黒」を際立たせてくれそうな、トレンドカーキのメイク術、いかがでしたか? ぜひトライしてみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
「ニコッと笑っちゃ」ダメ!?プロ直伝、30代流チークの入れ方・選び方

【参考】
KOBAKO – 貝印
山本浩未 – steam

A256983613

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle