賢くダイエット!痩せにくい30代・40代の「食べ過ぎ防止」方法

過去のダイエット経験から得た筆者の結論は、「つらいダイエットは続かない」につきます。旬の美味しいものを我慢して残ったのは、ひもじさと冷えやイライラした気持ちだけ。「それならば美味しいものを沢山食べて、動くだけ動こう!」と思ったのが、現在はYOGAエクササイズディレクターとして活動する筆者のルーツでもあります。そこで、今回は大人の女性の賢いダイエット方法として、“食欲の秋”に抵抗するのではなく、賢く頭を使って欲を満たす方法をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

20151002kazuyo01

■「目の錯覚」をうまく使う

美味しいものが溢れる今の時期は、レストランに食事に出かける機会も多いかと思います。せっかく美味しいお店に来たのだから、我慢しないで賢くダイエットしましょう。

さて、食べた量は「胃袋」ではなく「目」によって判断していると言われています。そこで、「大きく見えるもの」は少ししか食べないという傾向があるのです。例えば、スープは水でカザが増しているので、実際にはそんなに食べていなけれど、いっぱい食べたような感覚になり、お腹が膨れた気がします。カニやエビ、チキンフィンガーなど、殻や骨などの見た目のカサはとても有効です。

 

■時には「たくさん食べちゃう」のも有効!

また、「今日は力をつけたい!」「沢山食べたい!」という日は、逆に思い切って、ステーキ200gをオーダーしましょう。満足感&満腹感が相当得られると思います。いつも少量で我慢して後から小腹が……といってダラダラ食べてしまう人は、まず満腹感を味わうために食べたいサイズで視覚や心を満たしましょう。また、お酒を飲み過ぎたくない時は、細長いグラスで沢山飲んだ気分になるので試してみて下さい。カクテルなどは高カロリーなので、アルコールは控えめに。

 

■「ながら食い」をやめよう

テレビを見ながら、読書をしながら、仕事をしながら……など、何かをしながら食べると、思っているよりも多くの量を食べてしまいます。食べるときは食べることに集中するのが一番です。

 

お手本は「カップルになりたての二人」

逆に会話を楽しみながら食事をするのは、食べ過ぎ防止になります。カップルになりたてのふたりは、とにかく相手のことを知るためにも話したいですから、食事中でも笑ったり、相手の話に耳を傾けたり、スローテンポになります。すると、あんまり食べていないけれど、お腹は満たされ、心も満たされます。

 

「ベテランカップル」は要注意!?

一方、結婚15年のベテランカップルは、あまり話すこともなく、黙々と食べているとあっと言う間にデザートまでも完食。もしくは、相手が食べ終わるまで口さみしさから、残したはずのフレンチフライなどをつまんでしまった、など手ばかり動いてしまいます。自分が食べ終わったものは、早く片づけるのも「ながら食い」の基本的防止策です。

いかがですか? 親しい友人や家族との楽しい食事は心も満たすので、そうそう食べ過ぎることはありません。時には秋の味覚を堪能するために、ステキなレストランでおひとり様時間を楽しむのもオススメですよ。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

20151002kazuyo01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle