デザイナーが伝授!「トレンドアースカラー」の旬コーデ

秋も深まりお洒落が楽しい季節になりましたね。でも、なんだか去年と変わらない、ベーシックなコーディネートから抜け出せないということがありませんか? そんな方のために、この秋冬の注目色「アースカラー」をアクセントにコーディネートしてみませんか?

20151008higuchi02

■今年流行の「アースカラー」とは?

 昨年流行の「スモーキーパステル」からの流れに引き続き、きれいめの色が人気ですが、今期はさらにトーンがディープになり、自然を感じさせる色が多く出ています。例えば、珊瑚のようなコーラルピンク、ナナカマドのようなカドミウムオレンジ、冬の空のようなスモーキーなアイスブルーに加え、今年はきれいなトーンのグリーンなど。定番のベージュやグレー、ネイビーのようなベーシックカラーも、自然を感じさせる色味が多くなっています。

 

■トライしやすいディープカラーの取り入れ方

ややディープな色目ですが、明るめのトーンが多いので、アクセントとして取り入れるとコーディネートに新鮮さが生まれます。実はベーシックカラーとも相性抜群なので、まずはインナーやアクセサリーから取り入れてみましょう。今回は、日本人でも似合う、流行のアースカラーを4つ紹介します。

 

■ハズシ感の出る「コーラルピンク」・「カドミウムオレンジ」

今年の秋は、ずばりオレンジ系の色が人気です。暖かみがあり、顔色もよく見え、レトロさも感じられる色です。部分使いに取り入れるだけでパッと秋らしく、華やかになります。ベーシックカラーとも相性がよく、使いやすいのが嬉しいポイント。とくに、ネイビーとの組み合わせがオススメ。

20151008higuchi04

合わせるのが難しい対照的な色同士ですが、トーンが違うことで、意外とすんなり馴染み、品良くハズシ感を出せます。

20151008higuchi01

 

■クールコーデには「アイスブルー」で膨張知らず

 今年は同系色で統一するコーディネートが人気ですが、モノトーンだけだと地味になりがち。そこに1点差し色でアイスブルーを入れてみると、ぐっと新鮮さが生まれます。ボリュームのあるニットやストールなどで取り入れると、膨張せず、クールに決まります。ベージュやブラウンとも好相性な色ですが、ネイビーやモノトーンのコーディネートに挿すのが今年っぽい組み合わせです。

20151008higuchi03

 

■おしゃれ上級者感満点の「スモーキーミント」

ミントカラーは春夏から引き続き人気ですが、秋冬は少しトーンを落とし気味にしましょう。アースカラーブームでカーキやビリジアンも人気ですが、スモーキーなミントは新鮮で、これ一枚で上級者感が出ます。

一見、日本人には難しい色に見えますが、古代から伝わる日本の色には、青磁色や錆浅葱(さびあさぎ:くすみがかった浅い緑青)色のようなスモーキーなミントカラーが多く存在しています。とくに、ブラックと合わせるとメリハリがつき、ベージュやブラウンと合わせると優しい印象を与えます。

20151008higuchi02

いかがでしたか? 一枚加えるだけで新鮮な気分になるアースカラーを取り入れて、マンネリコーディネートから卒業しましょう!
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
30代・40代におすすめ「秋ガウチョパンツ」3選&コーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

20151008higuchi02

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle