改善すれば毛穴レス!?プロが指摘「あるある間違いケア」3つ

こんにちは、メイクアップアーティストのMANAMIです。美容意識の高い30代・40代のみなさんは、たくさんの雑誌などを読んでエイジングケアに真剣に取り組まれていると思います。ところが、そういった方々のお話しをよく聞いてみると、美容業界やモデルさんたちがしている「正解ケア」と真逆のケアをしていることが多々あります。今回は陥りやすい間違いや思い込みTOP3を挙げてみました!

0926manami01

1.お休みの前日は早く寝て、翌日は昼まで睡眠

前半部分は間違えてはいません。充分な睡眠でお肌の活力や修復力が上がります。が、後半。例えば、前日の22時に眠ったとして、翌朝、というかお昼の12時まで眠るとします。14時間も睡眠ができた! というのは喜ばしいのですが、逆に言うと14時間スキンケアができていません。寝る前につけた化粧水やクリームも、既に蒸発してしまっている可能性大!

正解はこう!

せっかくのお休みだからこそ、22時に寝てもせいぜい8時くらいには起きて顔を洗い、化粧水の他にもシートマスクやスペシャルケアをプラスして、規則正しい時間にスキンケアをしてはいかがでしょう?

 

2.すぐに落とすクレンジングはプチプラ、化粧水は高価

化粧品の売れ筋ランキングを見るとすぐにわかるのですが、クレンジングや洗顔フォームはいわゆるプチプラがよく売れていて、化粧水は5000円くらいからの高価なものがよく売れています。考えられる要因としては、クレンジングも洗顔フォームも、すぐに洗い流してしまうからかと思います。

正解はこう!

しかし、エイジングラインのクレンジングや洗顔フォームには、お肌に栄養を与えたり、角質を取り化粧水を浸透しやすくしたり、また肌を柔らかくしたりするソフトニング効果のあるアイテムがたくさん出ています。メイクと一緒にお肌に必要な水分や皮脂を流さないように工夫されていながら、鼻の角栓や毛穴の奥の汚れが柔らかくなって表面に押し出されてくるので肌自体が汚れにくなる嬉しい作用も。今度は一度、化粧水だけではなくクレンジングも良いものを選んでみてください。

 

3.メイクする朝はプチプラ化粧水、夜はじっくり浸透させたい高価な化粧水

これも、とっても惜しいのですが、できれば朝も良いものを使ってあげてください。夜はスキンケアをしてゆっくり睡眠をとることができますが、朝は、夜まで続くメイクでお肌が疲れてしまいます。ファンデーションなどは仕上がり重視で、カバー力が強く重い物の場合は特にストレスを感じやすくなると思いますので、朝もしっかりとスキンケアをしてあげてください。また、ファンデーションなどは薄付きにしてあげたり、ミネラルなどを使ったナチュラルコスメを使うことにより肌の負担は軽減されます。

あてはまるものはありましたか? 少しの気づきでお肌が喜びます。1は特に気をつけると、乾燥や毛穴の開きに違いがでてきますよ。ぜひ試してみてくださいね。
(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

0926manami01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle