カーキも似合う顔に!プロ直伝「アイシャドウの入れ方技」4つ

今年はどこを見てもカーキ、カーキ、カーキ! ファッションも、ミリタリーミックスが流行っていることもあり、例年あるはずのブラウンの代わりにカーキがベーシックなカラーになっているようです。その証拠に、どこのコスメブランドもアイシャドウにカーキを採用していますね。

20150924manami001

■女性らしさを引き出す!カーキシャドウの入れ方・使い方

カーキと聞くと、どうしても囲み目やハネアゲラインとセットになり、かっこ良いとかクールな印象になりがち。ですが、肌の色味やお顔の雰囲気と合わせてカスタマイズし、女性らしさを引き出せる方法があるんです! 今回は、より女性らしくまとえるカーキの使い方を、メイクアップアーティストの筆者から伝授していきたいと思います。

 

1.色白さん・赤み肌さんは「なじませカラー」と合わせる

カーキは基本的には「深い黄み肌に合う色」。なので、色白さんや赤み肌をお持ちの方には、どうしても色の明るさ・色みに違いが出て、なじみにくいのです。そんな時はカーキだけを主役にせず、自分がつけて「似合う」と言われる色と合わせれば、たちまちなじんで悪目立ちしません。下記のような色合わせにすると、ステキに見えるのでオススメ!

色白さんなら:「シャンパンゴールド×カーキ」
赤み肌さんなら:「ローズ×カーキ」

image1 (1)

 

2.入れる面積を小さくする

黒目を中心に、目頭側と目尻側に分けて入れてみましょう。または、二重ラインより目のキワ寄りにカーキを入れ、アイホールに先述の「似合う色」を入れて、伏し目にしたときだけチラ見させましょう。すると、パッと見は普段のメイクをしているようなパ印象になり、自然に見せることができますよ。

20150924manami01

20150924manami02

 

3.直線的ではなく、「丸」を意識して入れる

目に対して平行四辺形を意識して入れるととてもかっこよくなります。が、女性らしさを大切にするフェミニンメイクならば、黒目の上が一番高くなるように入れると、ふんわりかわいらしく見えますよ。ツリ目の方は、下図のように下まぶただけ入れるというのも良いかもしれません!

20150924manami04

 

4.アイホールや目周りを囲むと「クール」な印象に

アイホールや目の周りを囲んでしまうと、途端にかっこいい印象に。うっすら少なめに入れてみると、トレンドらしく取り入れられるだけでなく、なじませることもでき、オフィスメイクにも使えます。オフィス以外ならば、涙袋に明るい色を入れるなどといったプラスαもいいと思います。

いかがでしたか? どの技も、カーキ以外にも「好きなのに自分のイメージと違う…」というカラーのアイシャドウをつけるときに役立ちますので、ぜひ応用してみてくださいね。
(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI)

【関連記事】
プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方

20150924manami001

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle