ツヤは一生保てる!金子エミさん直伝「発光ボディ」保湿ケア

いよいよ乾燥シーズン本番がやってきますね。女たるもの、顔だけでなくボディもケアを怠らずにいたいもの。編集部は株式会社リベルタ主催のフットケアセミナーに登壇された、ご自身もLAR世代・有名パーツモデルの金子エミさんを取材。フットケアを中心とした「つるすべボディを作る保湿方法」を教えていただきました!

0922LAR02

 

■ツヤは一生モノ!秘訣は「角質オフ+保湿」

「肌のシワ・シミは仕方ないと思うんです。でも、ツヤはケア次第で一生保てるものと思っています」おでこからつま先まで、光り輝くような美肌の金子さん。なんと今年45歳になられるのだそう! 全く見えません! 今日一番伝えたい、と力強く語っていたのは「どんなに保湿をしても、角質がたまっていると全く浸透しない」ということ。角質ケアと保湿をセットで行うのが極意なんですね。金子さんオススメの角質ケア方法は過去記事でご紹介していますから、関連記事からぜひチェックしてみて。

IMG_7856

 

■金子さんのボディケアのこだわりは「2ステップ保湿」

お顔のスキンケアは、まず化粧水、その後に乳液やクリームを使う方がほとんどのはず。金子さんはボディも同様に、「保湿の前に保水」がモットーだというのです。とても難しく聞こえますが、そこは多忙な金子さん。時短でも極上のボディを作れるケアを紹介してくださいました。

 

■超カンタン!保水用化粧水の作り方・使い方

<用意するもの>

・空のスプレー容器:1つ
・化粧水:適量
・ミネラルウォーター:化粧水と同量

<作り方>

化粧水と1:1割って混ぜれば、できあがり。

<使い方>

「超乾燥肌」を自覚しているという金子さんは、保湿の前にコレを全身に吹きかけているのだそう。スプレーを使うことで手早く保水できるので、とりあえずお風呂場に置いてみては? 「乾燥の気になる脛などには、このときラップを巻いて、蒸しパックのようにするのもおすすめ」とのこと。

IMG_7845

■「クリーム+オイル」でスペシャル保湿

保水の後はいよいよ保湿。ここで金子さんは保湿クリームに「オイル」をプラス! 保湿力の高いクリームとお好みの量のオイルを500円玉サイズで手にとり、混ぜながら温めて、マッサージしながら念入りに塗りこむのが金子さん流。「オイルによって、透明感とうるおいが出ます」と話す金子さんのお肌は本当にツヤツヤで、説得力がありすぎます! 金子さんは「精製されたオリーブオイル」をプラスするのがお気に入りなのだそうですよ。

 

■女っぷりをアゲる「すべすべかかと」の作り方

これからのシーズンは、かかとや足裏のガサガサが気になりますよね。「足の保湿をした後ってベタベタして気持ち悪いんですが、どうすれば?」という質問を受けることも多いそう。「そんなときは足の裏だけ、軽くティッシュオフしてみて。だいぶ気にならなくなりますよ」

ながらでできる!?足裏保湿の裏ワザ

自宅でも家事や育児に忙しい金子さん。3ヶ月に1度のスペシャルケアとして愛用のリベルタ「ベビーフット」の使用済みパックを洗って保管し、自由に歩ける「ながら蒸しパック用ソックス」としてリサイクルされているそう。ナイスアイデアですね!

■「余裕がない」は悪循環!忙しい人ほどトライして

「ボディケアのモチベーションを保つのはなかなか難しいと思うんですが、どうしたらいいでしょうか?」とお聞きしたところ、何足ものわらじを履く金子さん曰く、「余裕がない、忙しいという人、とっても多いですよね。分かります! でも、無理矢理にでもこういったケアの時間をつくると逆にゆとりができると言うか。気持ちに余裕が生まれると思うんです」なるほど、なんとなく分かる気がします。

「全くケアしないと、『カサカサ』が『ゴチゴチ』になって、保湿の前の角質ケアにとっても時間がかかって…という悪循環に。良いサイクルを生むための一歩として始めてみて!」

金子さんのツヤツヤボディは、まるで発光しているかのよう! 「ツヤは七難隠す」という言葉も印象的でした。できそうなことから、ぜひ実践してみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
今年45歳ってホント!?金子エミさん直伝「簡単角質ケア」方法

0922LAR02

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle