LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

ヨーグルトと食べたい!「食べて育菌」できる食品4つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

健康や美容の要「腸内環境」。腸内環境美化のためには、私たちの身体に良い影響を与えるビフィズス菌や乳酸菌など「プロバイオティクス」と呼ばれる有用菌に加え、「プレバイオティクス」と呼ばれる、腸内で善玉菌を育てる食べ物を摂ることも大切です。ヨーグルトや納豆を食べているなら、絶対食べたいプレバイオティクスな食べ物&飲み物を4つご紹介します。

AB247427473

■合わせて食べたい!育菌できる食べ物&飲み物4つ

(1)玉ねぎ

玉ねぎには、オリゴ糖の一種であり、腸内の善玉菌のエサとなる「クラフトオリゴ糖」がたくさん含まれています。またオリゴ糖だけでなく、水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれていているので、腸内環境美化に◎。

 

(2)大麦

ご飯が好きな方におすすめなのが、大麦やオートミール、ライ麦などの「麦」。麦にはオリゴ糖が含まれるほか、「β-グルカン」という食物繊維の仲間が豊富に含まれ、食後の血糖値の上昇を抑える働きや、食欲を抑える働きがあり、ダイエットに役立つ穀物です。

 

(3)大豆

大豆に含まれる「大豆オリゴ糖」は、他のオリゴ糖より善玉菌を増やす働きが強く、少量でも効果が期待できます。大豆にはこの他にも、「大豆イソフラボン」や「ビタミン」、「ミネラル」が豊富に含まれていますから、納豆や豆乳など大豆製品も習慣にしたいですね。

 

(4)チコリコーヒー

カフェインレスコーヒーとして知られるチコリコーヒー。チコリの根を焙煎して作られるコーヒーなのですが、「イヌリン」と呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。イヌリンもプレバイオティクスに認定されおり、善玉菌を増やす働きのある成分ですから、飲むだけで腸が美しくなる優秀なコーヒーと言えます。

食べ物から摂った有用菌は腸内に住み着くことはできません。既に住んでいる善玉菌を育てる食べ物を積極的に食べて、腸内環境を良い状態に保ちたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
プレバイオティクスについて – ダノン
オリゴ糖 – わかさ生活
大麦に含まれるβ-グルカンとは – 大麦食品推奨協議会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle