ヨーグルトと食べたい!「食べて育菌」できる食品4つ

健康や美容の要「腸内環境」。腸内環境美化のためには、私たちの身体に良い影響を与えるビフィズス菌や乳酸菌など「プロバイオティクス」と呼ばれる有用菌に加え、「プレバイオティクス」と呼ばれる、腸内で善玉菌を育てる食べ物を摂ることも大切です。ヨーグルトや納豆を食べているなら、絶対食べたいプレバイオティクスな食べ物&飲み物を4つご紹介します。

AB247427473

■合わせて食べたい!育菌できる食べ物&飲み物4つ

(1)玉ねぎ

玉ねぎには、オリゴ糖の一種であり、腸内の善玉菌のエサとなる「クラフトオリゴ糖」がたくさん含まれています。またオリゴ糖だけでなく、水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれていているので、腸内環境美化に◎。

 

(2)大麦

ご飯が好きな方におすすめなのが、大麦やオートミール、ライ麦などの「麦」。麦にはオリゴ糖が含まれるほか、「β-グルカン」という食物繊維の仲間が豊富に含まれ、食後の血糖値の上昇を抑える働きや、食欲を抑える働きがあり、ダイエットに役立つ穀物です。

 

(3)大豆

大豆に含まれる「大豆オリゴ糖」は、他のオリゴ糖より善玉菌を増やす働きが強く、少量でも効果が期待できます。大豆にはこの他にも、「大豆イソフラボン」や「ビタミン」、「ミネラル」が豊富に含まれていますから、納豆や豆乳など大豆製品も習慣にしたいですね。

 

(4)チコリコーヒー

カフェインレスコーヒーとして知られるチコリコーヒー。チコリの根を焙煎して作られるコーヒーなのですが、「イヌリン」と呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。イヌリンもプレバイオティクスに認定されおり、善玉菌を増やす働きのある成分ですから、飲むだけで腸が美しくなる優秀なコーヒーと言えます。

食べ物から摂った有用菌は腸内に住み着くことはできません。既に住んでいる善玉菌を育てる食べ物を積極的に食べて、腸内環境を良い状態に保ちたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
プレバイオティクスについて – ダノン
オリゴ糖 – わかさ生活
大麦に含まれるβ-グルカンとは – 大麦食品推奨協議会

AB247427473

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle