美容家が実践してます!「アンチエイジングな食習慣」5つ

私たちの身体は、毎日食べたものから作られています。お肌の調子や便秘、むくみなどの悩みは、実は自らが食べた物が引き起こしていることも……。そこで今回は、美養フードクリエイターである筆者が習慣にしている食生活を5つご紹介します。

20150910iwata01

(1)野菜は温&生

 野菜は、生と温どちらも毎日欠かしません。野菜の栄養素は、固い細胞壁で包まれた細胞の中に入っているため、よく噛んだ程度では吸収できないものもあります。調理することで吸収率がUPするものや、加熱することで新しい成分が生まれるものもありますから、生野菜・温野菜の両方を、毎日食べています。

 

(2)毎日の美腸フード

発酵食品や、食物繊維の豊富な大麦、海藻など、腸内環境美化に役立つ食べものも毎日欠かしません。発酵食品で改善された腸内環境は、食べるのを止めると元に戻ってしまうそうですから、毎日続けましょう!

 

(3)スーパーフードを活用

ビタミン・ミネラル・ポリフェノール・必須脂肪酸など、身体に必要な栄養素が少量で摂れるスーパーフードも活用。チアシード、アサイー、ローナッツ、亜麻仁油などを、食事やおやつに取り入れています。

 

(4)スイーツ&ジャンクフードは最小限に

白い砂糖や一部の人工甘味料、トランス脂肪酸などが使われていることの多いスイーツやジャンクフードは、基本的には食べません。外食などで食べる必要のあるときは、フレッシュフルーツが多く使われているものや、卵やチーズを利用したスイーツを選んでいます。

 

(5)16時間断食

 最後に食べた食事から、次の食事まで16時間はあけています。逆に言えば、8時間の間に食事を済ませるということですから、夜~お昼にかけてでも、夕方~朝にかけてでも、どこの時間帯でもご自分の取り入れやすい時間帯で断食の時間を設け、胃腸を休ませ、お腹がグーとなるくらいの空腹を感じる習慣をつけましょう。ただし、断食については合う方、合わない方がいらっしゃいますから、ご自身の体調に合わせてチャレンジしてみて!

大切なのは毎日のちょっとした心がけ。10年後、20年後も健康で美しくあるために、食習慣を見直してみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

20150910iwata01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle