「若い」は褒め言葉じゃない!見習いたい「NY女性的」価値観とは

日本では、若い女性ばかりがもてはやされたり、痩せている女性ほど美しいと思われてると感じることはありませんか?美と健康意識が高いと言われるニューヨーカーは、全く違う価値観を持っているのをご存知でしょうか。ニューヨークを拠点に活躍する、ホリスティックビューティーカウンセラーの白石里美さんに聞きました。

A99449324

美の基準は「ヘルシー=セクシー」である

ニューヨークでは、「健康であること」は、自己管理能力が高いことの現れだと考えられています。そのため。日本の女性のように痩せなきゃと思うより、ヘルシーで健康的でありたいと思う傾向が強いそう。とは言え太っていれば自己管理能力の低さを露呈するため、体型維持にも励んでいます。ヘルシーで健康な肉体を持つ人は、エレガントなライフスタイルの象徴ともされているのです。

 

「若く見える」よりも「成熟したセクシーさ」が魅力

日本では、若く見える外見が、美しさの基準のひとつとされている傾向にあります。一方ニューヨークでは、20代は20代なりの美しさも認められる一方で、40代は40代らしい成熟した艶のある美しさがあるというように、年代によって魅力や個性があるとされているよう。

「若いね」「かわいい」は褒め言葉ではない

驚いたことに、日本人が好む「若くみえる」「かわいい」は、褒め言葉にならないと言うのです。代わりに女性たちが目指すのは、「セクシー」「ゴージャス」などだと白石さんは語ります。その証としてか、現地のメディアで「美しい女性」といった類のランキングに必ずランクインするのは、ハル・ベリーやジェニファー・ロペスなど、セクシーでゴージャスな40代女性が多いそうなのです。

 

「自分自身の心地よさ」を追求する

日本人は周りの評価を気にしたり、どれだけ若さを保つかを重要視しますが、ニューヨークの女性はそうではないよう。ニューヨーカーは、周りの評価よりも「自分に似合っていること」「自分が心地よくいられること」を大切にしているのです。そのため、下手な若作りや、無理なダイエットもしないそう。

日本に住む私たちは、ついついそれらしい価値観にとらわれ、自身の周りの評価を気にしがち。辛いと感じるときは自分自身を基準にで物事を考え、捉えているニューヨーカーの価値観を思い出してみて! もっと自分に自信を持つことができるかもしれません。
(美容ライター 長岡宏江)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

【取材】
ホリスティックビューティーカウンセラー 白石里美

A99449324

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle