毎日食べて美腸&美肌!「身近なアンチエイジング発酵食品」5つ

話題の「発酵食品」。免疫力を上げたり、腸内環境を整えたり、美肌や消化吸収を促したり、旨みが増す等々、様々な効果が期待出来ると話題の食品ですが、何が発酵食品なのか、ちょっとわかりづらいですよね。でも、発酵食品は実はとっても身近。身近な発酵食品を知って、より積極的に取り入れ、アンチエイジングを目指しましょう!

shutterstock_257365435

■発酵食品ってどんな食品?

発酵食品とは、微生物の働きによって保存性が高くなったり、栄養価が高くなったり、旨みが増したりした食品のことを指します。微生物が食品に付着すると、微生物の酵素の働きで食品の栄養分を分解し、別の物質を作り出すと言われています。この時に人間にとって有益なものを作り出すことを「発酵」と呼び、その食品を「発酵食品」と言います。

 

■身近な発酵食品5つ

1.パン

実はパンも立派な発酵食品。パンの材料になる小麦粉に酵母を付着させて発酵させ、膨らませます。パンの酵母には「イースト」と「天然酵母」があります。果物や野菜の皮、ハーブや天然の培養種などで作られた天然酵母を使用したパンなら、より一層、アンチエイジング効果が期待出来ます。

 

2.かつお節

実はかつお節も発酵食品。かつおを煮た後、燻して乾燥させたら、かつお節菌(カビ)を付けてさらに乾燥させます。天日干しにして、さらに乾燥させて……を繰り返して出来上がる、手間暇の掛かった発酵食品なのです。ホウレン草にかつお節をかけて、同じ発酵食のお醤油を掛けて食べれば、さらなるアンチエイジング効果が期待できます。

 

3.味噌

天然の味噌は生きた酵素を含んでいて、消化を助けてくれる働きがあります。また、タンパク質やビタミン、ミネラルなどもバランス良く含まれているので、お味噌汁として取り入れるのがおすすめです。

 

4.納豆

発酵食品の中でも有名なのが「納豆」。大豆を蒸したり煮たりし、納豆菌を掛けて発酵させていく納豆は栄養価が高く、免疫力アップにも効果的とされ、日本人には欠かせないアンチエイジング発酵食と言えます。オススメは、納豆に同じ発酵食のお味噌を加えて食べると、より一層アンチエイジング効果が期待できます!

 

5.ぬか漬け

米ぬかに豊富に含まれるビタミンやミネラルを栄養にして、乳酸菌や酵母が繁殖した「ぬか床」に野菜などを漬け込んだのがぬか漬け。ぬか床1gの中に乳酸菌が10億匹もいるとも言われ、腸まで生きたまま届く日本ならではの発酵食と言えます。オススメは、旬の野菜を漬け込んだ旬菜ぬか漬けとして取り入れることです。

 

他にもいろいろ!

お醤油、ヨーグルト、酒粕、甘酒、チーズ、ワイン、みりん、日本酒、などなど、身近で手軽に体内に摂り入れることが出来る発酵食品は多数あります。

意外と知らず知らず摂り入れている発酵食品、ぜひ意識して摂り入れて、アンチエイジング効果をゲットしましょう!
(5ツ星お米マイスター/発酵食スペシャリスト 澁谷梨絵)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
 ※三ツ井清貴(2014年)『発酵食スペシャリスト養成講座テキスト』(がくぶん)

shutterstock_257365435

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle