ダメージヘアは食べて修復!?「ヘアケア雑穀レシピ」と炊き方

夏の紫外線をたっぷり浴びた髪の毛。知らず知らずの内に、ダメージヘアになっているかもしれません! 今回は、頭皮のマッサージや、外からの修復ケア剤だけでなく、根本からの修復に役立つ、オススメ雑穀を伝授します。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

20150908shibuya001

■ダメージヘア修復にオススメな雑穀3選

1.脱毛を防ぐ!「稗(ひえ)」

 古い細胞を分解し、新たな細胞を合成する新陳代謝を活発にする亜鉛を多く含むため、脱毛や発育不良を防ぐと言われています。

 

2.頭皮ケアにも◎!「粟(あわ)」

粟に多く含まれる「パントテン酸」は、水溶性ビタミンの一種。皮膚や粘膜の新陳代謝を促し、日焼けや肌荒れのダメージ補修にも効果が期待できます。夏の直射日光を受けて知らず知らず日に焼けた頭皮のダメージケアにも。

 

3.美しい黒髪に!「黒米(くろまい)」

中国では「薬米」と呼ばれ、薬膳に用いられています。頭皮を健康に保ち、髪の毛を黒くする効果があると言われています。

 

■雑穀マイスター直伝「ダメージヘア修復雑穀ブレンド」

 材料(2合炊き分)

 ・白米:2合
・雑穀ブレンド:大さじ2杯(約30g:ひえ15g、あわ10g、黒米5g)

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

炊き方(2合分)

1. 白米2合(米カップ2杯)を洗い、水を切ったらお釜に移す。
2. 1にブレンドした雑穀を大さじ2杯分入れる。
3. 2に米カップ2杯のお水と大さじ4杯のお水を入れて、かき混ぜる。
4. 30分以上浸水させて、スイッチオン。
5. 炊き上がったらしっかりと10分間蒸らし、蓋を上げてさっくりと空気に触れさせるように混ぜたら出来上がり!


どれもスーパーや自然派ショップなどで簡単にお買い求め頂くことができるので、夏のダメージヘアが気になる方はぜひ摂りいれてみては?
(雑穀マイスター/雑穀エキスパート 澁谷梨絵)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
※小谷部理加(2014)『雑穀マイスター資格取得講座テキスト』(キャリアカレッジジャパン)

20150908shibuya001

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle